コンテンツ

2019.01.25 (金)

WEBライティングに勉強は必要?初心者でもできる勉強法

WEBライティングに勉強は必要?初心者でもできる勉強法

最近ではたくさんの企業が行っているWEBライティングですが、WEBライティングをするには勉強が必要なのでしょうか。
答えをいってしまうとそれは「NO」です。WEBライティングは知識がなくても誰でも行うことができます。
しかし“成果を出す”ためには知識が必要不可欠となってきます。

そこで今回は、成果を出すためのWEBライティングにはどのような勉強が必要となるのか、「これからWEBライティングを始める!」という方にも分かりやすく解説いたします。

そもそもwebライティングってなに?紙メディアとWEBメディアの違いは?

そもそもwebライティングってなに?紙メディアとWEBメディアの違いは?

WEBライティングとはそもそもどんなものなのか分からないという方もいるかもしれませんが、現状ではWEBライティングの定義は明確に決まっていません。そもそもWEBそのもの自体が最近登場した媒体なので定義づける人がいません。
つまり、WEBライティングはまだまだ発展途上であるということができます。
そのため、WEBライティングは企業などによって異なってしまう場合もありますが、おおよそはどの会社も同じような定義を持っています。
その定義とは、WEBライティングはコンテンツを検索エンジンから見て読み取りやすくなるようにし、正しくインデックスさせ、適切にランキング化してもらうための技術です。ここで間違ってはいけないのが、本来のあるべき順位よりも向上させるための技術ではなく、あくまでコンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術となります。

紙メディアとの違いはどのような点にあるのかというと、まず掲載できる情報量が大きく異なります。紙メディアの場合は決められた紙面の中で、文字や写真などのすべての情報をどういうバランスで配置するかがあらかじめ厳密に決められています。そのため、文字数に関する制限は厳しく、オーバーしてしまった場合は掲載することができません。逆に文字数が不足している場合も、数文字程度でしか許されません。紙面のメディアのはとにかく文字数に関して大変シビアであるということがWEBメディアとの大きな違いだと言えます。

逆にWEBメディアは厳密な情報制限がありません。おおよその記事の目安となる文字数範囲はありますが、紙面と違い物理的な制限がありませんので、WEB上の画面はコンテンツの量に合わせて画面を引き延ばしたり、縮めたりすることができます。
さらに写真をやグラフ、図表など挿入したり、要点を箇条書きでリスト化したりと文章以上に意思を伝えやすい表現方法を画面に占める割合を気にすることなく行うことができます。URLをリンクさせることによって、詳細情報や関連情報についてリンク先で紹介することでそれらの解説や要約について余計な文字数や手間を割く必要がなくなります。

したがってWEBメディアは、紙メディアに比べて自由度が高く様々な表現方法ができるということができます。

↑目次へ戻る↑

まずは他人の記事を読もう

まずは他人の記事を読もう

「WEBライティングを始めたい!」と思ったら、まず初めにやってほしいことは「他人の記事を読む」ということです。
なぜかというと「第三者の目線で評価する」ということがWEBライティングにおいて一番重要なポイントだからです。
たくさんの人に読まれる記事というのは、たくさんの人に有益となったということになります。だからこそ客観的に第三者の目線で評価することが大事となります。

検索上位にある記事は第三者の目線でみて評価されている記事なので、まずは検索上位の記事を読んでどうしたら第三者の目線で記事をかけるかを分析してみて下さい。
分析するためには「文書全体の構成」「見出しの使い方」「文末の表現などの言い回し」「句読点、接続詞の使い方」などを見て、参考になるものを積極的に取り入れていきましょう。
その他にもメールマガジンやニュースサイトなどに目を通しておくことで様々な情報を入手したり、目を引くようなタイトルの作り方などに参考になりますので、常に日常にあふれている文章にアンテナを張っておきましょう。

↑目次へ戻る↑

SEOの基礎知識を勉強する

SEOの基礎知識を勉強する

WEBライティングを始めて「納得する記事が書けた!」と思っても、実際に公開して誰かに自分の記事を読んでもらえなければ意味がありません。
自分の記事をたくさんの人に見つけてもらい読んでもらうためには、SEOの基礎知識を勉強しておくことが大切です。SEOという言葉を聞いたことがないという方もいるかもしれませんが、SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、「検索エンジンを最適化」という意味を持ちます。つまり、検索結果で上位に表示されるためには「SEO対策」が必要となるのです。

SEO対策を勉強するために、SEOのノウハウ本を読むことをオススメします。そこで初心者の方にオススメなSEO対策の本をいくつかご紹介します。

いちばんやさしい新しいSEOの教本

とりあえず、SEOとはどのようなものか雰囲気をつかみたい方にはこちらがおすすめ。
初心者向けとされていますが、SEOにおいて常に頭に入れておかなければならない基礎的なことが書かれているので、中級者、上級者の方でも持っておくと安心の一冊です。

10年つかえるSEOの基本

具体的なテクニックなどではなく、SEOに対する考え方が書かれた本です。
時代が変わっても使えるであろう考え方が書かれているので、SEOを始める前に読んでおくと役立ちます。

これからはじめる SEO内部対策の教科書

実践的な内容を知りたいと思う方におすすめの本です。
SEOの内部対策について具体的な内容が解説されているので初心者から中級者向けの内容となっています。

↑目次へ戻る↑

キーワードを選定する

キーワードを選定する

SEOにおいて一番重要なことは「第三者の目線で評価する」ことだと前述しましたが、その他にも疎かにしてはいけないことが「キーワードの選定」です。

キーワードの選定でよく起こりがちな原因が下記の2点です。
・検索のニーズと対策したキーワードがずれている
・安易な方法で間違った選び方をしている

このようなことあると記事の内容がしっかりしたものだとしてもなかなか効果が得られません。このような失敗をしないためにも、適切なキーワードの選定方法が大切になります。

適切なキーワードを選定するには難しい技術は必要ありません。基本的な手順を抑えていれば案外簡単に行うことができます。

SEOのキーワード選定の4ステップ

①キーワード候補を出す
②キーワードを絞り込む
③優先順位を決める
④コンテンツ公開

まずは集客ができそうなキーワードを思いつきで出してみて下さい。
次にその思いついたキーワードとサイトの相性を測るために、実際に検索をしてみます。いくつかのキーワードを組み合わせてみて、たくさん検索結果が出てくるキーワードを選びましょう。また、実際に検索してみて出てきた記事がライバルとなることも頭に入れておきましょう。
相性の良いキーワードを見つけたら、それを基にしてさらにキーワードを増やします。ここでは無料のツールを使用すると簡単に探すことができます。

ある程度のキーワードの候補が出せたら次は検索上位を狙うには難しそうなキーワードをどんどん除外していきましょう。このキーワードの絞り込みの過程においても無料ツールが役に立ちます。だいたい10個前後までの気ワードに絞り込みましょう。

キーワードを絞り込んだら次はどのキーワードからコンテンツを作るかを決めます。そうすることで効率よくSEO対策を行うことができます。
順番を決める際に大切なのが「成果が出やすいキーワード」から始めることです。

いよいよコンテンツが書きあがったら、インターネット上に公開します。公開すると言ってもファイルをアップロードするだけです。しかし、それと同時にSEO対策の基盤づくりの作業が必要となります。

SEO対策の基盤づくりは、2つの対策があります。それが済んでいないと順位が上がりません。一つは良質なコンテンツ作成、二つ目は被リンク獲得対策です。
新規サイトであれば自然なリンクを獲得するため対策を開始します。新規サイトの場合はトップページで対策を取ることが有効的です。既存のサイトであれば無料ツールを使ってリンクがしっかりついているのかを確かめましょう。被リンクがわずかか、ゼロの場合はツールを使って対策をしましょう。

↑目次へ戻る↑

SEOで成果を出すためには

SEOで成果を出すためには

SEOで成果を出すためには、まずは検索上位の記事を読んで参考にしてみましょう。「これいいな」と思ったテクニックがあればぜひ自分の記事にも取り入れてみて下さい。

またSEOのノウハウを身につけるためにあらかじめ本を読んでおくと記事の質は大幅に異なります。特に初心者の方はまず、今回ご紹介した本をどれか一冊読んでみてSEOの雰囲気を掴んでみて下さい。

そしてSEOで一番大切なのは続けることです。SEOは初めてすぐに成果が出ることはありません。少なくとも半年から1年ほど続けて様子を見てください。

それでも「SEOをずっと続けているのに成果がでない!」というお悩みの方は、当社までお気軽にご相談ください。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています