コンテンツ

2019.01.25 (金)

初心者も◎キュレーション記事の書き方マニュアル

初心者も◎キュレーション記事の書き方マニュアル

新たなビジネスとして数年前から注目され、需要が高まっているWebライティング。とくにキュレーション記事は定番中の定番です。そんなキュレーション記事は実は初心者も挑戦しやすいライティングコラムのひとつです。メリットから書き方までキュレーション記事を網羅!初心者でもわかるキュレーション記事のHowtoをご紹介します。

キュレーション記事のメリット

キュレーション記事のメリット

キュレーションで有名なメディアといえば、NAVERや2チャンまとめなどがあります。このことからわかるようにキュレーション記事とは、「特定のテーマの情報を収集、または整理してまとめた記事」のことを指します。このようなキュレーション記事には形式にって異なりますが、共通するメリットがあります。

↑目次へ戻る↑

費用や手間のコスパが良い

費用や手間のコスパが良い

キュレーション記事は費用や手間が他と比べてもかからず、非常にコストパフォーマンスが高くなっています。情報自体を探す必要性こそありますが、完成しているものを集める作業になるので0から作成するものに比べて費用と手間がかからないといえます。さらに集めた内容にプラスして独自の見解などを踏まえることによって、他との差別化も図れて効果が大きくなります。結果として。費用に比べ効果の高い記事が制作可能となるわけです。

↑目次へ戻る↑

キュレーションメディアへの記事の書き方

キュレーションメディアへの記事の書き方

キュレーションメディアの正しい記事の書き方をご紹介します。依頼者によって文字数ノルマ、納期など制限は異なってくるかと思いますが、以下の方法をマスターしていれば誰でもキュレーションメディアのライターになれます。現役キュレーションライターだからこそ知っているHow toをお教えします。

■記事タイトルはインパクト!?

検索の一覧に表示されたとき読者の目を引き、クリックにつながる扇情的なタイトルがオススメです。文字数は30文字前後が目安。あまり短すぎるのも良くありません。エクスクラメーションマークや少し煽るような表現も使用してみるといいでしょう。インパクトが重要です。

■語尾は言われています。

特定の効果や効能を断言した書き方をすることは薬事法に引っかかってしまいます。医学的な知識を書く場合は、注意が必要です。また他サイトの情報や調査結果などを引用する場合も、あたかも自分の情報のような書き方にならないよう注意が必要です。このような場合は両者とも、語尾を「~と言われています。」というような表現を使うと良いでしょう。ただし、文中に言われていますが乱用されていると読みにくくなってしまうので、文章の組み立て方が大切です。

■コピペは禁止

コピー&ペーストはもちろん禁止です。またコピペしていない場合でも、既存のページと文章がかぶってしまったら文章を変更するようにしましょう。フリーのコピペチェックツールがインターネット上にあるので、完成した文章をチェックしてみると良いでしょう。言い回しやニュアンスの変更、また語尾や擬音などでオリジナル感を出す方法もあります。

↑目次へ戻る↑

キュレーション記事作成の注意点

キュレーション記事作成の注意点

ここまで色々とお話してきましたが、最後にキュレーション記事を作成するうえでの注意点を2つに要約しました。キュレーション記事を書くときは、下記の2つを忘れないよう心がけてライティングしてみてください。

1.独自性

ただ収集しただけでは他のサイトとの差別化が難しく効果が得られにくいです。サイトのイメージダウンまたは検索順位に繋がりにくくなってしまいます。飽きてしまうデメリットだけでなく、著作権の侵害にあたる可能性もあるので注意しなければなりません

2.コンセプト

キュレーション記事を作成するうえで、コンセプトを固めず始めてしまうと文面が迷走し受け取る側のユーザーにも情報がうまく伝わりません。そのためにはまずキュレーション記事で「ブランディング」「販促」「リピーター」とどこにつなげたいもかを明確にすることです。

さらに同じブランディングでも、どんなイメージを持ってもらいたいのかを具体化することが大切です。同じテーマでも切り口によって集めるテーマが異なってくるので、毎回コンセプトやテーマを確認するようにしましょう。

 

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています