コンテンツ

2019.01.24 (木)

バズるコンテンツを使ってバズマーケテイングを成功させる方法

バズるコンテンツを使ってバズマーケテイングを成功させる方法

若者から生まれ、最近はメディアやマーケテイング業界と多様されている「バズる」。バズれば低コストで大きなプロモーションとなることから企業も注目すべき、マーケテイングの方法となります。そんなバズマーケテイングを取り入れるために、まずはコンテンツによって異なるバズる傾向や特徴についてしっかりと把握することが大切です。

≪予備知識≫バズるの意味と由来

≪予備知識≫バズるの意味と由来

「バズる」とは…人々の関心を強く集めている状態

ひとつの事柄が大きなムーブメントを起こしていることを指して用いられるフレーズです。ツイッターで多くリツイートされ、拡散されている状態で使用されることが多い言葉ですが、ツイッター以外のSNSやメディアを通して発信した事柄にも使用されています。

バズるの言葉の由来は、英語のBuzz(バズ)からといわれています。Buzzの意味は「がやがや言う・噂になる」。そこに日本語で現在進行形を表す際に用いられている「る」を語尾に足したのが「バズる」となります。また「バズっている」「バズった」など文脈に応じて、使い分けられています。

↑目次へ戻る↑

バズるコンテンツの特徴と傾向

バズるコンテンツの特徴と傾向

Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)またYouTube(ユーチューブ)などSNSと一括りにしても、バズる可能性があるコンテンツは複数存在しています。またコンテンツによってバズる投稿が異なり、それぞれに特徴があります。

まず、ツイッターのバズる特徴として、文字だけのツイートよりも視認性の高い画像が添付されているものの方が、より拡散する傾向にあります。または文章だけでも140文字内で状況が伝わるツイートはリツイート数が伸びやすいです。インスタグラムのバズる特徴は、動画がとくにバズる傾向にあります。

内容でいえば、どちらも「美味しそうなスイーツや食事、エンタメ、ペットや動物、コスメや美容、時事ネタ」を含んだものが多くなっています。

またネットニュースで取り上げられると、盛大なバズる傾向にあります。またその逆もあり、ニュースなどで伝えられた事件などの情報をより深く書いた投稿もバズる傾向にあります。

↑目次へ戻る↑

バズる情報とバズらない情報の違いとは?

バズる情報とバズらない情報の違いとは?

「二番煎じ」「つまらない」内容のものは、やはりバズりにくくなっています。インターネット上では、スピード感がとても大切になってきます。先に誰かが発信してバズっているものと同じような内容では、注目が集まりにくく拡散もされにくくなっています。

またスピード感と同じくらいに空気感も大切となってきます。興味がわかないような内容は誰の目にもとまらず拡散されないことはもちろんですが、興がさめる空気はインターネット上でも伝染します。とくに芸能人や有名人のような知名度が高い人からの空気は伝染しやすくなっています。

ですが、そこを上手く使えばバズる情報にも繋がります。もともとフォロワー数が多い有名人がリツイートすることによって一気に多くの人の目に触れ、さらに拡散される可能性が高くなるということです。

コンテンツごとの特徴を掴み、有益な情報を発信することもバズる傾向が高くなりますが、バズるきっかけはひとつではありません。

↑目次へ戻る↑

ポイント!バズマーケティングを成功させるためには

ポイント!バズマーケティングを成功させるためには

バズるに関して色々とお話してきましたが、バズって拡散されればされるほど、多くの人に情報が届く機会が増えるということ。つまりバズりをうまく取り入れれば、マーケテイングとして成果に繋がりやすくなっています。

そのためバズマーケテイングという言葉できたように、マーケテイング業界でも定着しています。それはSNSなどのコンテンツがマーケテイングのツールとして、とても重要な役割として認識されているからです。テレビや雑誌、新聞がマーケテイングの有力なツールでしたが、いまは情報のスピード、拡散力ともに高いインターネットが優勢です。

ただし、注意するべきポイントがバズると炎上の境界線です。人々の物議を誘引することは、話題にあがるきっかけとなるかも知れませんが、社会的モラルの低さがうかがえます。人を貶める発言や不快な感情を抱かせる表現などを含んだ内容は、バズるではなく炎上です。いくら拡散されて多くの人の目にとまったとしても成果や良い評価にはつながりません。言葉ひとつでうっかりバズるではなく、炎上へ転んでしまうこともあるので気をつけましょう。

コンテンツの特徴と傾向を踏まえたうえで、「人を幸せな気分にさせるユーモアな広告」を打ち出していけばバズマーケテイングは成功へとつながるでしょう。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています