リスティング広告

2019.01.28 (月)

リマーケティング広告に掛かる費用はどれくらい?料金形態の仕組みを解説

リマーケティング広告に掛かる費用はどれくらい?料金形態の仕組みを解説

パソコンやスマホでネットを見ていると「あれ?この広告前にも見たな・・・」という経験をしたことはないでしょうか?しかもその広告は、自分が前にネットで見た商品だったりサービスだったりします。
なぜ自分が興味を持っている情報が広告に表示されるのか疑問に思っている方も少なくはないと思います。
これは実はリマーケティングというマーケティング方法の仕業なのです。

これによって、商品やサービスの広告を戦略的に配置できるため、ブランド認知度を高めたり、購入を促進したりする効果があります。
このようなリマーケティング広告を利用したいと思っても、まず気になるのが費用です。
そこで、今回はリマーケティング広告を利用するにはどのくらいの費用が必要なのかといった点に焦点を当ててご紹介いたします。

リマーケティング広告の料金形態

リマーケティング広告の料金形態

では、まずはリマーケティング広告の料金形態はどのようになっているのかご説明いたします。
リマーケティング広告の料金形態は主に「クリック課金」と「インプレッション課金」の2種類があります。
簡単に言うと」「クリック課金」はクリックされて初めて料金が発生し、「インプレッション課金」の場合は見られただけで料金が発生します。

GoogleやYahoo!の検索ページに出稿する場合はクリック課金のみの料金形態となります。アドネットワークに対してディスプレイ広告を出稿する際には、条件付きになりますがクリック課金じゃインプレッション課金かのどちらかを選んで出稿することができます。

始めて利用する方はどちらが良いかは分からないと思いますので、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

クリック課金(CPC課金)

■メリット

  • クリックされない限りは料金が発生しない
  • 興味を持ってくれる人だけに料金が発生する
  • 分析がしやすい

■デメリット

  • クリック数が多いと費用が高くなってしまう

インプレッション課金(CPM課金)

■メリット

  • クリック率が高い配信面でも費用を抑えて配信ができる。

■デメリット

  • 分析が難しい

↑目次へ戻る↑

掲載費用を自由に設定可能できるリマーケティング広告がある!

掲載費用を自由に設定可能できるリマーケティング広告がある!

「リマーケティング広告を出したいけど、予算がオーバーしてしまわないか心配・・・」という方にオススメなのが「Google AdWords」です!

「Google AdWords」とはGoogleが社が提供するクリック課金式のインターネット広告です。無料で登録して利用できるので、手軽に始めることができるリマーケティング広告です。
先ほどもご紹介したクリック課金方式のため、広告をクリックされて初めて料金が発生するというものです。
広告にかける予算は、広告主側で自由に設定することができます。
小額からでも利用することができるので、広告の目的に応じて費用を調整することができます、予算がオーバーすることもないので初めての場合でも安心して利用することができますよ!

↑目次へ戻る↑

リマーケティングの費用対効果とは

リマーケティングの費用対効果とは

現代はインターネットが普及し、それに伴ってインターネットでのマーケティング方法がたくさん存在している時代です。
「費用が高いのに、それに見合った効果がなかなかでない・・・」というマーケティング方法も少なくはありません。
その点において、リマーケティング広告は費用に見合った効果、またはそれ以上の効果が出るのでしょうか。
結論を言うと、リマーケティング広告は他の広告方法に比べて効果が出やすいです。

リマーケティング広告は、「一度サイトを訪問したユーザー―を再訪問に促すための広告」です。そのため、まったく興味のない情報が広告として表示されれうのではなく、一度でもユーザーが興味を持った情報です。
よって通常の広告方法よりもコンバージョン率に繋がる見込みが高いということができます。
多くの企業のマーケティング現場では「目の前の成果=コンバージョン」が最優先されています。
そういった意味でも、リマーケティング広告は目の前の成果を増やすのに効果的ということができ、強力な力を持っているというができます。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています