リスティング広告

2019.01.18 (金)

記事広告の依頼を考えている方へ。費用や流れについて徹底解説

記事広告の依頼を考えている方へ。費用や流れについて徹底解説

多くの企業が活用している記事広告。
自社の運営するコーポレートサイトやECサイトとは違い、既存のメディアを使って自社の商品・サービスを掲載するというものです。

この記事広告には、一般的なWEBサイトにはない利点をたくさん持っていることから、より多くの人達に自社をアピールすることができる有効な手法といわれています。

そのため、「これから記事広告を依頼したい」と考える企業も多いのではないでしょうか。
ここでは、記事広告の基本知識からメリット・デメリットについて解説していきます。
また、実際に記事広告を依頼をする際の、大まかなの流れについても解説していきますので、今後の企業戦略に役立ててみてください。

記事広告とは

記事広告とは

記事広告とは、「タイアップ広告」とも呼ばれ、第三者がユーザー目線で商品やサービスの特徴を紹介、またはまとめた広告手法のこと。
第三者とは、既存のまとめサイトやインフルエンサー、ブロガーなどのメディアのことで、企業がそのメディアと提携して広告を作成することを指します。

従来では、バナー広告などの広告出稿が主流となって居ましたが、「広告は見ない」「邪魔に感じる」といった印象を持つユーザーが増えたことで、バナー広告としても効果は期待できにくくなりました。

こういった事態に対応するために開発されたのは「記事広告」です。
ユーザーに嫌な思いをさせることなく、自然と届けるためにと試行錯誤し、第三者のメディアを使って情報を発信する手法が生まれました。

↑目次へ戻る↑

記事広告のメリット

記事広告のメリット

記事広告では、メディアと連携して広告宣伝を行うため、一般的な自社のWEBサイトとは大きく異なり、以下のようなメリットを得ることができます。

メディアのブランド力を利用できる

記事広告最大のメリットと言えるのが、既存メディアがすでに確立しているブランド力をそのまま活用できるということです。
依頼先のメディアに知名度や信頼があれば、その魅力を利用して自社の商品・サービスを宣伝することができ、0から認知度を向上したり信頼を獲得するプロセスを省くことができます。

人は、物やサービスを購入するとき、「信頼できる会社か」「みんなも使っているか」などの評判が大きな判断材料となります。

記事広告のように、既にブランド力が高いメディアを活用することで、「信頼できるメディアに記載されている記事だから、その内容も信用できそう」と記事を読んでくれるユーザー集客が見込めるということです。

メディアが長年積み上げてきた信頼と知名度を活用できるということは、「企業の認知度が低くて思ったように商品が売れない」などの問題を解決することが期待できます。

自社に合ったユーザー層を狙える

記事広告を依頼するメディアは、ブログやまとめサイト、インフルエンサーとなりますが、これらはすでに自分の抱えているユーザー層の特徴を把握していることが一般的です。

ユーザー層というのは、
・年齢
・性別
・趣味
・職業
といったような、自社の顧客となってくれそうな人のことを指します。

つまり、記事広告を依頼する際に、自分の商品やサービスに相性の良いユーザー層を抱えるメディアを選ぶことで、より効率的な広告効果を得られるというメリットがあります。

第三者目線だから親近感を持ちやすい

何かを購入する際には、「その商品がどれだけユーザーに評価されているのか」が重要な判断材料となります。
食べログなどの口コミサイトがよく見られているのもこのためです。
実際に何かの商品の購入を迷っているとき、口コミサイトやレビューを調べてから購入したという経験はありませんか?

口コミやレビューがなぜ重要視されるのかというと、それは第三者目線で書かれている内容だからです。
口コミやレビューでの評価が高い商品に関しては、商品の価値が高いとみなされるからです。

また、企業とは無関係の第三者によって評価する内容は、ユーザーから見ても親近感が湧きやすく、信頼を得やすいといったメリットがあります。

例えば、
企業が自社で「この商品おすすめです」というよりは、第三者が「使ってみた良かったからおすすめ!」と言われた方が信憑性があると思いませんか?
このように、記事広告は自社広告よりも信頼を得やすいことが大きな利点となります。

検索の上位表示が狙いやすい

記事広告を提供している既存メディアは、比較的知名度が高く人気のサイトであるため、検索においても上位表示されやすいといった特性があります。
そのため、自社のECサイトでは上位表示が取れなかったキーワードでも、既存メディアに依頼したことで獲得できたという例もあります。

↑目次へ戻る↑

記事広告のデメリット

記事広告のデメリット

既存メディアを活用して上手く広告が行える「記事広告」ですが、メリットがあればデメリットも存在します。
いずれも、「自社にとって本当に有益なのか」「自社にあった企業戦略なのか」を入念に検討することが大切です。

費用がかかる

記事広告を依頼するためには、当然ながら依頼するための費用がかかります。
制作費用+メディア掲載費用がかかるため、最低でも数十万、人気メディアであれば、数百万円もの費用がかかる場合もあります。

また、請求方法は依頼するメディアによって様々で、1ヵ月、2週間といったように期間ごとの報酬を提示される場合もあれば、1度費用を払えば永続的に掲載してくれるメディアもあります。

自社サイトや他のWEB広告のように、少額から試してみる、ということがしづらいため、なかなか記事広告に踏み切れないという企業も多いようです。

数万円からできる安いメディアが無いわけではありませんが、そのメディアにブランド力が無ければ記事広告のメリットが受けられない可能性もあります。そのため、「ある程度メディアの知名度が保証された、成果に見合った費用のもの」を選ぶことが重要です。

掲載まで時間がかかる可能性がある

記事広告では、依頼するメディア側が記事を作成します。そのため、メディアによって制作にかかる時間が様々で、記事の作成から確認まで1ヵ月程かかるのが一般的となっています。
時期を決めて記事広告を依頼しようという方は、あらかじめ制作期間を確認してから依頼するようにしましょう。

↑目次へ戻る↑

記事広告ご依頼の流れ

記事広告ご依頼の流れ

では、実際に企業側が記事広告を依頼する場合にどのような手順となるのか、大まかな流れについてご説明します。

なお、依頼するメディアが企業が運営するメディアなのか、ブログなのかによっても手順や費用が異なってくるので、依頼する際にはあらかじめ確認しておきましょう。

ここでは、一般的な記事広告の流れをご紹介させていただきます。

①依頼するメディアを選び、申し込む

まずは、自社の商品やサービスと相性の良いメディアを選ぶことから始まります。
選ぶポイントとしては、

・自社のターゲットであるとユーザー層を抱えているか
・サイトの雰囲気やデザインはコンセプトに合っているか
・「宣伝系」か「広告系」、どちらの記事が良いか
・すでに知名度や信頼があるメディアか
・成果に見合った費用になっているか

これらの点に注目してメディアを選び、申し込みフォームまたはメール等で記事広告の依頼を申し込みます。

②記事内容や公開日についてのヒヤリング

申し込みが完了すれば、次は記事広告の企画段階となります。
どのような商材の記事広告なのか、制作意図・意向などのヒヤリングが始まります。
また、記事公開日の相談や調整についてもこの際に相談し、企業とメディアで制作スケジュールを決定します。

なお、記事広告のテイストは、依頼するメディアやブロガーによって変わってきます。
執筆内容をクライアントに意図に沿って書いてくれるもの(AD)と、メディアの客観性によるものとして、独立した記事としてかいてくれるもの(PR)があります。「これは書かないで」という内容がある場合は、しっかりメディア側に伝えておきましょう。

③記事の作成

記事広告の内容やコンセプト、流れや注意点を確認したら、実際にメディア側が記事の作成に取り掛かります。
一般的には1ヵ月ほどの期間がかかりますが、メディアによってはそれ以上かかる場合もあるもあるので、あらかじめ時間に余裕を持っておくことが大切です。

また、この際企業側の希望と照らし合わせたり、内容の確認をもとに修正作業が繰り返される場合もあります。

④最終確認をして公開

メディア側で作成された記事は、公開前に企業側で最終確認が行われます。当初のヒヤリングで伝えた意向が尊重されているかなど、細かな修正を行います。
記事内容の問題がなければ、希望した日時で記事が公開となります。

なお、依頼するメディアへの報酬の支払い方法やタイミングは、メディアによって異なります。申し込みの時点でも先払いの物もあるので、事前に確認しておきましょう。

↑目次へ戻る↑

記事広告がおすすめなケースとは

記事広告がおすすめなケースとは

記事広告は、一般的な広告と比べて費用や時間がかかってしまうというデメリットはあるものの、信頼・知名度のあるメディアを選べば、コストに見合った利益を得ることができます。

何より、メディア媒体が持っているブランド力を活用できるという利点は、新しい商品やサービスを宣伝するときの大きな力となってくれます。

・知名度無く商品が売れない
・商品やサービスの宣伝方法が分からない
・より多くの人に自社を商材をアピールしたい
・SEO対策を兼ねて長期的に集客したい

このようなことで悩まれている方は、記事広告が効果的と言えます。
自社の予算や目標などの計画に合わせて、自社とマッチする記事広告を依頼してみてはいかがでしょうか。

当社では、あらゆる媒体に対応したWEB広告の作成・運用を行っております。膨大なマーケティングデータに基づいて、知名度の拡大、ユーザー数の拡大をサポートいたします。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています