Facebook

2018.10.16 (火)

Facebookカルーセル広告の作り方とメリットを解説!

Facebookカルーセル広告の作り方とメリットを解説!

カルーセル広告は通常の画像広告よりも多くの情報量を乗せることの出来る効果的な広告手法です。
多くの企業がFacebookを利用した広告を出稿しており、カルーセル広告もその中の1つ。

1つの商品を売り込む時にも効果的にアピールできますし、複数の商品を紹介したいときにも活用できます。
今回は1つの広告ユニットの中に複数のコンテンツを配置できるカルーセル広告についてご紹介してきたいと思います!

新規顧客開拓や、商品ラインナップアピールに利用したい方はご参考ください。

Facebookのカルーセル広告とは

Facebookのカルーセル広告とは

カルーセル広告はFacebook広告のフォーマットの1つであり、1つの広告に複数の画像や動画を最大5点まで掲載することが出来ます。

ユーザーの目にとまりやすいフォーマットなため、Facebookのカルーセル広告はダイレクトレスポンスにも繋がる優秀な広告といえます。

リンク広告として使用すればウェブサイトへの誘導にも利用ができ、モバイルアプリ広告としてアプリを宣伝する際にも効果的。
単一画像でリンク広告を行うよりも、カルーセル広告で複数リンク先を設定する方が広告としての効果も優れています。

カルーセル投稿との違い

カルーセル投稿はカルーセル広告と違い1つの投稿に画像を複数添付することが出来ても、リンク先は全て同じWebサイトのものになります。

カルーセル広告では、画像ごとにリンクを設定することが出来るので使える用途が幅広いです。
カルーセル広告とカルーセル投稿は似ているようで異なる形式であり、投稿するときの作成方法も違っています。

↑目次へ戻る↑

カルーセル広告のメリット

カルーセル広告のメリット

カルーセル広告は、さまざまな目的を達成するためのコールトゥアクション(行動喚起)に利用することが出来ます。
コンバージョン単価・クリック単価を通常よりも低くすることができるので、安定した成果を得ることが可能に!

とはいえ、どういったメリットがあるのか分かりにくい所もあると思いますので、カルーセル形式の広告利用での具体的なメリットをご紹介していきます。

1つの商品効果的にアピールできる

カルーセル広告ではコンテンツをつなげて利用することで、単一商品を視覚的にアピールすることができます。
複数の商品をアピールすることを目的に使うだけでなく、複数の画像を並べて一つの商品を宣伝したりと、ユニークな宣伝を行えるので差別化を図りたいときにもおすすめです。

商品をストーリー仕立てに紹介できる

1つの商品のをさまざまな角度から紹介できるのもカルーセル広告の特徴です。
手順を追った説明を行えるので、ストーリー性を持たせた広告も可能となります。

連続性のある画像、動画を使用することで効果的な使い方を分かりやすくアピールでき、共感を呼びやすい形で広告を行うことが出来るため、ウェイブサイトでの販売促進にも役立ちますよ。

商品カタログとして利用できる

カルーセル広告では、商品をカタログ仕立てに宣伝することができるので、商品情報を素早くアピールしたいときに最適です。
複数の商品を並べてミニカタログとして紹介することができるので、単一画像のリンク広告よりも高い広告費回収率に期待が持てます。

活動内容アピールにも効果的

商品紹介やサービス紹介に利用するほかにも、プロジェクト立ち上げや活動内容紹介にも利用することができるので効果的に参加者をつのることが可能。

自社製品を愛用している人の写真をカルーセル形式で紹介したり、セミナー内容を順序立てて紹介し、応募者を募集したりと認知度向上にも役立ちます。

資料・サービス紹介にも有効

商品以外の自社サービスの利点を紹介する際にもカルーセル広告は役立ちます。
自社ウェブサイトに掲載している記事をカルーセル形式のリンク広告でシェアすることで、新規登録増加に繋がることも。
単一画像のリンク広告で紹介するよりもクリックスル―レートが高いので、新規顧客獲得にも有効です。

↑目次へ戻る↑

カルーセル広告の作り方

カルーセル広告を作成する場合、他との違いを意識した広告作りを意識しましょう。
売り込みたい商品は複数なのか、一つなのか。

認知度を上げたいのか、顧客数を獲得したいのかなど、目的を明確にしておくとカルーセル広告を上手く活用することが出来ます。

ページからカルーセル広告を作成

Facebookページ作成の画像

カルーセル形式の広告は、Facebookページ、広告マネージャから作成することが出来ます。
Facebook広告を利用する場合は、Facebookページを新規作成、既存のFacebookページが必要です。

ページを作成するとページや「広告作成」といった他のFacebookツールを利用して広告作成が出来るようになるので、ビジネスページが無い場合は「ページを作成」から作成しましょう。

 

  1. ページで「広告を出す」をクリックする
  2. 「ウェブサイトへのアクセスを増やそう」を選択
  3. 「広告素材」セクション右上の「編集」を選択
  4. URLを入力する
  5. 広告テキストを入力する
  6. 「画像」でプラスボタンをクリックしカルーセルカードを追加する
  7. 画像を追加するカード番号を選択
  8. 「アップロード」を選択し画像ファイルを追加するか、ライブラリから画像を選ぶ
  9. 各カードに見出しを追加
  10. 「広告素材」セクション右上の「保存」を選択
  11. 「オーディエンス」「予算と掲載期間」「支払い」セクションの情報を入力
  12. 「広告を出す」を選択

 

画像の切り取りが必要な場合は、「画像の位置を調整」を選択して、表示する画像部分に「画像の切り取り」ツールをドラッグ&ドロップして下さい。

広告マネージャでカルーセル広告を作成

広告マネージャの画像

カルーセルごとに異なるURLに誘導したい場合は、広告マネージャからカルーセル広告を編集しましょう。

 

  1. 「広告マネージャ」を開き「+作成」ボタンからガイドツールによる作成を選択カルーセルに対応する「トラフィック」「動画の再生数アップ」「アプリのインストール」「リード獲得」「コンバージョン」「カタログからの販売」から目的の広告を選択
  2. 広告レベルで広告形式「カルーセル」を選択
  3. 広告カルーセルカードをパフォーマンス順に表示させない場合は「一番パフォーマンスが高いカードを自動的に最初に表示」のチェックを外します
  4. 番号を選択し画像をアップロードする
  5. 「確認」を選択

 

2、3とカードを追加してそれぞれの画像に特定のURLと説明を追加することが出来ます。
広告マネージャのガイドツールによる広告作成は、広告の作成に直接アクセスするか、+Createボタンをクリックして作成します。

作成ワークフローが表示された場合は、「切り替える」ボタンをクリックしてガイドツールに切り替えることが可能。

↑目次へ戻る↑

カルーセル形式は魅せ方にこだわる

カルーセル形式は魅せ方にこだわる

カルーセル形式を利用する際は広告の演出方法にこだわってみましょう。
客観的に情報を伝えるだけでは、受け手側にはうまく伝わりません。

ユーザーが気付いていない「隠れたニーズ」を掘り起こせる広告こそがマーケティングに必要なのです。

見る人の興味を掻き立てる画像・動画を使用する

画像や動画を使用することは見る人の関心を惹きつけます。
背景、詳細をス―トーリーを持たせて紹介することで関心を引き、スパイスの効いたテキストを置くことでユーザーの隠れたニーズに訴えかけることが出来ます。

カルーセル広告でパノラマ画像をみせる

目を引くカルーセル広告を作成したい場合は、パノラマ画像や連なった画像を使用してみましょう。
一枚の横長画像を表示することで、興味を集めることが出来ますよ。

画像は正しいサイズで作成するようにしましょう。
1枚のカルーセルカードのサイズが高さ600ピクセル、幅600ピクセルで、使用するカルーセルカードの枚数を掛けます。

カルーセルカードに画像をアップロードし、同じ感覚になるようトリミングし、カードを割り振ると横長の画像を表示するカルーセル広告が出来上がります。

パフォーマンスの高い広告素材を使用する

カルーセル形式のメリットは、パフォーマンスに基づいて広告素材を並べ替えることが出来ること。

パフォーマンスの低い素材は交換、削除することができるので、広告として優位なものだけを使用することが出来ます。

ただし、パノラマ画像のような横長画像でカルーセル形式を使用してる場合は、広告の作成時に自動最適化機能を必ずオフにする必要があります。

ターゲット層に合った画像を選択する

潜在顧客にリーチする場合はライフスタイル画像を、商品ページにアクセスした人にリーチする場合は商品画像など、ターゲットに合った画像を選んであげましょう。

大規模なビジネスの場合は、商品画像を用意しクリックした時に、商品を購入したページに誘導できれば効果的な宣伝となりますし、小規模ビジネスでも製品を表示するページに誘導できれば利益に繋がっていきます。

↑目次へ戻る↑

カルーセル広告での効果を高めるために

カルーセル広告での効果を高めるために

多彩な表現が可能なカルーセル広告は工夫次第で単一画像では不可能な訴求を行うことが出来ます。
アプリインストール広告にも有効ですし、Instagramとの連携も可能です。

画像は最大枚数の5枚を使用することで効果を発揮しやすくなり、類似オーディエンス機能でユーザーをセグメントすればCVR増加にも繋がります。

動画ではなく画像を使用した方が強い訴求力を高めることが出来てオススメです。

スライドの順番にきをつける

最初の画像が次に続くスライド画像よりも多くの情報があることを念頭に置きましょう。
最も重要な情報は最初のスライドに表示しなければターゲットの興味を引くことが出来ません。

重要の高い順にスライド画像を並べ、テキストと画像を使用してメッセージを分かりやすくしましょう。

テキストの明瞭化

みだしや文章は分かりやすく読みやすいものが好まれます。
画像に合った文章、ターゲットに意図が伝わりやすい文章を取り入れるようにしましょう。

↑目次へ戻る↑

クリエイティブを高める広告素材作り

クリエイティブを高めるには、広告素材の質を上げる必要があります。

ユーザーが興味を持ちそうな画像を切り取り広告を作成することで、連続性のある広告が出来上がります。アイデア次第で様々な広告を作成することが出来るので、一度試してみて下さい。

広告の見せ方が広がるだけでなく、ユーザーへの意識を高め理解を深めることにも繋がっていきます。
DreamLabではFacebook出稿から、広告素材作りまで様々な角度でサポートさせて頂いております。

この機会にFacebook広告をはじめてみたいという方がいましたら、お気軽にお問い合わせください!

↑目次へ戻る↑

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています