リスティング広告

2019.01.18 (金)

下がるCV率に新たな一手を。記事広告制作を始めるための手引き

下がるCV率に新たな一手を。記事広告制作を始めるための手引き

「記事広告を出稿してみたいけど、制作依頼についての知識が無い」
こういった悩みを持つ企業の方が増えてきているように感じます。
事実、これまでインターネットに発信していなかった企業や、初めて広告戦略を考えるというのは簡単なことではありません。

そこで本記事では、

・広告戦略で悩んでいる
・そもそも記事広告って何?
・記事広告の制作を依頼したい

こういった方に向けて、記事広告制作について詳しく解説します。
記事広告への理解を深め、企業の飛躍となるような戦略を考えていきましょう。

記事広告を一言でまとめると

記事広告を一言でまとめると

記事広告とはそもそも何なのかというと、企業ではなく第三者がユーザー目線で商品やサービスの紹介をする広告手法のことを言います。
この第三者とは、既存メディアのまとめサイトや、ブロガー、インフルエンサーなどが挙げられます。
よく、SNSやまとめサイトの投稿に街れた「PR」の広告記事紛れていますが、これは「ネイティブ広告」と言われ、記事広告のひとつとされています。

従来では、バナー広告に挙げられる広告出稿が主流となっていましたが、「どうせ広告だからみない」「バナーが邪魔になる」といった理由からバナー広告のクリック率が落ちてきています。

そんな時に生まれたのが記事広告です。
企業側の怪しい宣伝よりも、既存メディアに溶け込む形で自然にPRされているので、一見すると広告だと感じさせず、ユーザーが嫌な思いをせず記事を読んでもらいやすくなることを目的としています。

↑目次へ戻る↑

記事広告の特徴と強み

記事広告の特徴と強み

記事広告が、他のWEB広告と違う点は何なのでしょうか?

最大の違いを挙げると、やはり「書き手が他社」ということです。
何かの商品を購入するとき、実際にその商品を購入した人の評価が気になるものです。記事広告では、第三者である執筆者がユーザー目線に立った記事をまとめてあるので、ユーザーからの信頼を得やすいといった利点があります。

また、記事広告の特徴として以下のことが挙げられます。

自然にメディアに溶け込んでいる

これはネイティブ広告に当てはまるものですが、ネイティブ広告では一般的なバナー広告よりも自然な形で広告を見せるように構成されています。
最近のユーザーは、広告そのものに対して嫌悪感を抱いていることが多く、広告を表示させないようにする「アドブロック機能」が登場するなど、広告を見ないという人が増えてきています。

その中でネイティブ広告では、各種メディアに自然と溶け込むように表示されているのが特徴。バナー広告やリスティング広告では、それぞれ所定の広告枠に表示されてしまうので、ひと目で「広告だ」と認識されてしまいますが、ネイティブ広告では通常のコンテンツと同じレイアウトで表示されます。

そのため、ユーザーにストレスを与えず広告を読んでもらいやすくなります。

メディアが持つブランド力を活用できる

これは記事広告の最大の強みと言えます。

企業が新しい商品の宣伝を行うとき、知名度が低いとユーザーからの信頼度も低くなり、思ったように商品が売れないという問題が起こります。
そんな時におすすめなのが記事広告です。

依頼するメディアやブログがすでに認知度が高く、ユーザーからの信頼が確立されているものであれば、「信頼できるメディアが出している広告だから信頼できる」と記事を読んでくれるユーザーを獲得しやすくなるからです。
そのため、「新商品を多くの人に知ってもらいたい」というような、知名度をまだ確立できていない企業にとって、非常に有効なマーケティング手法となります。

目的別に活用できる

記事広告には、企業が目標とするゴールに向けて、4タイプの種類が存在します。

商品・サービスをどのように宣伝したいか、知名度を上げたいのか、コンバージョンに繋げたいのかなどによって、制作する記事広告のジャンルが異なります。

①認知目的
このタイプは、「商品にとってこんなイメージを持ってほしい」という目的に向けて、企業に合わせた文章やデザインで印象形成を図ります。
商品のターゲットに近いユーザーを抱えているメディアに掲載することで、短期間で多くのターゲット層へリーチすることが目的です。
さらには、記事をSNSでのシェアが促進されることで、メディアユーザーからSNSへ広まり、友人へとさらにリーチが拡大することが期待できる仕組みとなっています。

②コンバージョン目的
商品・サービスが持つ魅力や、競合他社との違いについて文章と画像で詳しく解説することで、商品サイトへ見込み顧客を呼び込むことを目的とします。
ユーザーが気になるレビューや口コミについても言及することで、より商品に対して信憑性が高まり、不安払拭にも繋がりやすくなります。

③SEO目的
インターネットの検索からの流入を獲得することを目的とした記事広告です。
SEOを得意とするメディアやブロガーに記事作成を依頼することで、検索上位を目指すというものです。
この場合、競合性が高いキーワードでも上位表示を獲得できる可能性が高まるのが特徴です。

④ブランディング目的
業界内で知名度高く、有名なメディアに記事広告を出すことで、会社の知名度や信頼性を高めることを目的とします。
「○○で紹介されました!」という驚異的な権威付けもできるため、0からの認知度を向上しなければいけないという課題を持つ企業にとっても、短期間でも信用アップが狙えます。

↑目次へ戻る↑

記事広告制作の流れ

記事広告制作の流れ

記事広告の依頼は、各メディアに依頼するほか、各企業をキャスティングした制作会社に依頼する方法、ブロガーやライターに依頼する方法などがあります。

ここでは、一般的な記事広告の制作の流れについて解説します。
依頼する企業によっては、得意なジャンルやテイストなどが異なるので、自社のコンセプトに合ったものを入念に選ぶことが大切です。

①依頼するメディア(業者)を選ぶ

記事広告を出稿するには、依頼するメディアを選ぶことが重要です。
自社のターゲットとなるユーザーのペルソナをしっかり設定し、「誰に向けて何を発信したいのか」を明確に決定しておくべきです。そうすることで、自社にマッチしたメディアを選定しやすくなり、効果的な記事広告を完成させることに繋がります。

②記事内容のヒヤリング

依頼するメディアや業者が決まったら申し込みを行います。
そして、記事内容の要望やコンセプト、どんな風な流れにするかなどを制作側と意見をすり合わせます。
公開日時については、一般的には依頼してから1ヵ月程となっていますが、メディアによってはそれ以上の日数がかかる場合もあるため、時期を決めて広告を出稿したい場合は、余裕をもって相談しておくことをおすすめします。

③記事制作

企業側の意図・意向を確認しながら、ライターによって記事が執筆されます。
この際、頻繁に修正を行ってくれるところもあれば「修正は1回のみ」というところもあるので、入念に記事を仕上げたいという方は、制作工程も詳しく確認しておきましょう。
また、記事の流れやテイストについて「これは書かないでほしい」というものについては、依頼するメディアにしっかり伝えておきましょう。

⑤最終確認後、要望の日時で公開

出来上がった記事広告は、公開前に企業側での最終確認が行われます。
問題がなければ、要望していた日時で記事が公開されるという流れとなります。

↑目次へ戻る↑

記事広告制作の料金

記事広告にかかる費用は、メディアの知名度や集客力によっても異なりますが、一般的には数十万~数百万とされています。
メディア自体のPVが多かったり、すでに知名度が高い有名なメディアに制作・掲載を依頼する場合は、数百万~と比較的高額になるケースが多いようです。
しかし、比較的小規模なメディアであれば、数万円で済むケースもあります。
ただし、あまりユーザーに見られていないメディアに記事広告を出稿しても、成果が期待できにくい可能性があります。つまり、自社が求める成果と、それにかかる費用の割合を考えて、よく比較検討することが大切です。

↑目次へ戻る↑

どんな会社が記事広告を出しているのか

どんな会社が記事広告を出しているのか

記事広告は、上手く活用すれば企業の大きな宣伝力となってくれ、短期間でのコンバージョンが見込める有力な手法です。
しかし、必ずしも全ても商材が記事広告に向いているという訳ではありません。

では、どんな企業が記事広告戦略に向いているのでしょうか?
記事広告と相性のよいケースとして、以下にまとめてみました。

・現在の広告手法ではコンバージョン率が下がっているため、新しい手を打ちたい
・競合他社と差別化するのが難しい
・リリースしたての商材を一気に広めたい

このような場合、記事広告が有力な施策になる可能性が高いでしょう。

メディアがすでに持ているブランド力を活用できるうえ、自社ではできなかった第三者からのアプローチができることから、商品の魅力を違った観点から訴えることができます。

自社の広告戦略に悩んでいるという方は、明確な目標を決定してから予算に合わせた記事広告を検討してみてはいかがでしょうか。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています