SEO

2021.03.30 (火)

SEOのキーワードの探し方とは?コツやツールなどをご紹介します

SEOのキーワードの探し方とは?コツやツールなどをご紹介します

SEOとは?

SEOとは?

SEOSearch Engine Optimization)とは、検索エンジンの検索結果の上位にサイトを表示させるための技術のことです。
検索エンジンの最適化をして上位表示を目指すSEOは、成果に繋がりやすくWebプロモーションにおいて重要な役割を果たしています。

日本の検索エンジンの約9割をシェアしているのが、GoogleYahoo!の2つの検索エンジンです。
特にGoogleは約7割のシェアを占めており、日本の検索エンジン対策ではGoogleが大変重要になります。
また、Yahoo!とGoogleの検索結果はほぼ同じなため、GoogleにあわせたSEO対策をすることで検索エンジンの約9割で上位表示されます。

SEO対策はアクセス数の向上と直結しており、適切なSEO対策をしたサイトは検索エンジンの上位表示が可能です。
GoogleYahoo!などの検索エンジンでは、上位に表示されるほどクリックされやすく、より上位表示されるサイトは多くのアクセス数を期待できます。

↑目次へ戻る↑

SEOにおけるキーワードの重要性

検索エンジンの最適化によってアクセス数を向上させるSEOにおいて重要なのが、キーワード選びです。

キーワードはWebサイト内を用いてアピールしたいサービスなどを単語化し、インターネット上でユーザーが見つけやすくするものになります。
適切なキーワードが設定されていない場合、CVに繋がるユーザーがWebサイトにたどり着けません。
こういったキーワードのミスマッチを防ぐため、適切なキーワード選びが重要になります。

また、サイトでアピールしたいポイントや表現がちぐはぐだと、検索エンジンにも影響が及ぶため注意が必要です。
いくらユーザーのニーズに沿ったコンテンツを用意しても、キーワードのミスマッチが起こるとSEOの効果が下がります。
反対にユーザー目線で適切にキーワードが設定されているコンテンツは、検索エンジンに高く評価されやすく、SEOの効果を向上させられます。

↑目次へ戻る↑

キーワードの探し方

キーワードの探し方

検索ボリュームや競合性をチェック

キーワードを設定する際、まずは適切なキーワードを探す必要があります。

そのために最初にやらなければならないのが、検索ボリュームや競合性を調べることです。
検索ボリュームや競合性を知ることで、検索エンジンで上位に表示された際の集客効果を分析できます。
以下では、検索ボリュームと競合性のチェック方法をご紹介します。

1.Googleキーワードプランナーを使用する

検索ボリュームと競合性を簡単に確認できるのが、キーワードプランナーを使用した方法です。

キーワードプランナーで検索ボリュームを知りたいキーワードを入力すると、キーワードの月間クリック数や表示回数を調べられます。
月間平均ボリュームは10001万、1001000など数字は大まかですが、ざっくりとした検索ボリュームを知るにはキーワードプランナーでも十分です。
有料の広告を出稿することで、さらに詳しい検索ボリューム数などの参照が可能です。

Googleキーワードプランナー 

2.yahooキーワードアドバイスツール

キーワードアドバイスツールとは、自動的に候補となるキーワードを抽出してくれるツールです。

Yahoo!が提供しているツールで、検索広告のタブのツールにある「キーワードアドバイスツール」から使用できます。
キーワードアドバイスツールで抽出するキーワードは、それぞれのワードのCPCやインプレッションなど多角的な効果を調べられます。
また、抽出したデータのダウンロードも可能です。
抽出したキーワードのデータを比較することで、適切なキーワードの選定の手助けになります。

Yahooキーワードアドバイスツール

3.ラッコキーワードを使用する

ラッコキーワードは手軽に関連キーワードの抽出ができるツールです。

調べたいキーワードを入力するだけで、関連キーワード一覧を表示できます。
ラッコキーワードYahoo!やGoogleAPIを利用して作られており、Yahoo!やGoogleが正常に動作している限り関連キーワードを調べられます。
特にラッコキーワードは複合キーワード対策の利用に効果的です。
ラッコキーワードでは、フォーム上に表示されているテキストを選択し、異なるサジェストワードを調べられます。

調べられるサジェストワードは「Google/Bingサジェスト」「Googleサジェスト」「マルチサジェスト」「楽天サジェスト」「GooglePlayサジェスト」の5つです。
キーワードによってはサジェストを切り替えることで、ターゲットとなるユーザーにあわせたキーワードの抽出が可能です。

ラッコキーワード

4.Googleのサーチコンソールを使用する

Googleのサーチコンソールは無料でGoogleが提供しているSEO解析ツールです。

登録したサイト内だけでなく検索結果の状態を解析することで、SEO対策の分析や改善を行えます。
キーワードプランナーと同じようにキーワード選びに役に立つツールですが、2つのツールは対象とするデータが違います。

キーワードプランナーはGoogle検索全体を、サーチコンソールは登録したサイトのみを対象としたデータを表示するツールです。
サーチコンソールには「検索パフォーマンス」「検索アナリティクス」があり、キーワードの表示回数、クリック数、平均クリック率、平均掲載順位などを調べられます。

Googleサーチコンソール

5.その他オススメのツール

上記以外のおすすめのツールは以下の通りです。

semrush
MIERUKA
DEMANDMETRICS

SEMruchは競合サイトの調査から分析などを一挙に調べられるツールです。
SEOのターゲットキーワードを探せるだけでなく、競合の広告戦略を可視化することでコンテンツのパフォーマンス改善が可能です。

MIERUCAはコンテンツの課題を見える化してくれるSEOツールになります。
MIERUCAはコンテンツごとのビジネスにあわせたCVを期待できる幅広いキーワード抽出をできるのが特徴です。

DEMANDMETIRICSは大量のキーワードをモニタリング・分析することで、CVに繋がるキーワードの抽出ができます。
素早くキーワードの順位変ウを把握できるため、自社だけでなく競合の状況の把握も簡単です。

6.サジェストを利用する

サジェストとは、検索エンジンでキーワードを入力した際にフォーム下に表示される候補一覧のことです。

サジェストキーワードは検索ユーザーの興味や今の話題にあわせたワードが後方に抽出されています。
サジェストキーワードは検索エンジンが自動で生成しており、検索キーワードにあわせて様々な候補を表示するのが特徴です。

サジェストツールを利用することで、簡単にキーワードの収集をすることができます。

↑目次へ戻る↑

キーワードのタイプについて

・情報型キーワード

キーワードのタイプは大きく3つに分けられます。
その中で情報型キーワードは、悩みの解消や方法を知ることを目的としたキーワードです。


情報収集の時に用いられるキーワードで、1語のキーワードや「誰が何をどこで、なぜ、どのように」などの5W1Hなどを探すためのキーワードになります。
何かのキーワードを検索する際、ユーザーは4つのプロセスのどれかに分類されます。

問題を認識している「認知の段階」、問題を理解するために問題の解決方法を探している「関心」の段階、問題の解決方法を「検討」している段階、サービスや商品の購入を「決定」しようとしている段階の4つです。

情報型キーワードを用いた検索を行うのは、認知の段階のユーザーになります

・取引型キーワード

取引型キーワードは実際に行動を起こそうとしてたり、何かが欲しい時に検索するキーワードのことです。

購入型のキーワードでもあり、決済など実際に明確な行動にうつる意図があるキーワードになります。
また、決算段階のユーザーが検索する可能性の高いキーワードでもあります。

・案内型キーワード

案内型キーワードは既にブランド名やWebサイト名を知っている状態のユーザーが検索するキーワードになります。

ブランド名やWebサイト名、商品名、サービス名などの名称を直接検索するため、指名キーワードと呼ばれることもあります。

↑目次へ戻る↑

キーワード選定のコツ

キーワード選定のコツ

競合性の低いキーワードを選ぶ

キーワード選定のコツの1つは、競合性の低いキーワードを選ぶことです。

競合性の高いキーワードは人気キーワードのため、競争率が高く、広告を出稿する際に費用が莫大になります。
また、多くの人が注目するキーワードのため、大手企業がSEO対策を施しているコンテンツが多いのも競合性の高いキーワードの特徴です。
そのため、SEO対策としてハードルが高いキーワードになります。

労力をできるだけかけずに効率よくCVを獲得するためには、競合性の低いキーワードを選ぶことも大切です。

上位表示が可能なキーワードを選ぶ

競合性を考慮しつつも、需要のある上位表示が可能なキーワードを探すことも、キーワード選定のコツです。

上位表示可能なキーワード選定には、日々の順位計測が大変重要になります。
上位表示させたいページをリライトして補強しながら、SEO対策をすることが大切です。

ロングテールキーワードを選ぶ

ロングテールキーワードとは、関連ワードを複合したキーワードのことです。

ビッグワードに比べると検索ボリュームは低くなりますが、競合性が低いため検索結果の上位に入りやすいのが特徴です。
ビッグワードで上位表示を取りにくい場合、ロングテールキーワードは重要になります。

↑目次へ戻る↑

キーワードからコンテンツを作成する方法

キーワードからコンテンツを作成する場合、まずはユーザーにどんなものを提供するコンテンツなのかを検討します。

検討したサービスや商品を基にキーワードを選出します。

キーワードを決めたら、次はタイトルを決めましょう。
キーワードを含んだタイトルが決まったら、タイトルを基にして構成を考えます。

タイトルを下地に見出しを作成したら、見出しに沿ったライティングをして完成です。
コンテンツが出来上がったら、検索ボリュームなどをチェックしてコンテンツの完成度を高めましょう。

↑目次へ戻る↑

大阪・広告代理店DreamLabのSEO対策サービスページ

WEBサイトやHPのSEO対策を行いたい方は、SEO対策情報を熟知したプロが揃う大阪の広告代理店DreamLabのサービスページを一度ご覧下さいませ。

[link_custom 1574 “大阪・広告代理店DreamLabのSEO対策サービスページ”]WEBサイトやHPのSEO対策を行いたい方は、SEO対策情報を熟知したプロが揃う大阪の広告代理店DreamLabのサービスページを一度ご覧下さいませ。[/link_custom]

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています