コンテンツ

2019.01.24 (木)

読者をファンにするための質の高いオウンドメディアの記事の書き方とは

読者をファンにするための質の高いオウンドメディアの記事の書き方とは

オウンドメディアの目的は様々ですが、記事のクオリティが目的の達成に影響を与えることは間違いないと言えます。しかし、オウンドメディアを始めてみたけど「記事の書き方がよく分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

実は記事を書き慣れていない方でも、いくつかのポイントを押さえておくだけで記事のクオリティが格段に上がります。

読者をファンにするためには、質の高い記事を書くことは必要不可欠です。今回は質の高い記事を書くためのポイントをご紹介いたします。

まずは読者を具体的にイメージ。ペルソナも有効

まずは読者を具体的にイメージ。ペルソナも有効

オウンドメディアの記事を書いてもあまり成果がでないとお悩みをお持ちの方に意識して欲しいことは「読者目線」になるということです。オウンドメディアはユーザーに役立つ記事をライティング出来るかどうかによって成果は大きく異なります。

読者の目線にたつには、「ユーザーはどのような層なのか」ということを明確にしておくことが大切です。オウンドメディアを立ち上げる際に決めたターゲットを意識することがポイントとなります。

また、ターゲットをより明確にするために、「ペルソナ」を使ってみることもオススメです。

ペルソナとは

ペルソナとは「ターゲットとなるユーザーを代表する一人の人物の詳細をに記述したもの」を指すマーケティング方法を示します。

本当にその人物があたかも実在しているかのように、性別、年齢、住所、職業、趣味、家族構成などライフスタイルにおける情報を事細かに設定していきます。

従来のターゲット層の設定では「10代の女性」「趣味が車」などといった幅広いターゲット層を示す設定がされていましたが、近年ではより狭くターゲットを絞りこむペルソナが使用されることが多くなりました。

本当にターゲットに絞った層がユーザーになり得るのかは不安が出てくると思いますが、より深くペルソナを設定することによって、そのユーザーが抱えている悩みが明らかになってきます。その悩みの解決策を考えることでアプローチ方法を導き出すことができるというものです。

ペルソナの作り方

では実際にペルソナを作る手順をご紹介します。

①既存顧客から理想的なカスタマーを抽出
最初に既存顧客から理想的なカスタマーを抽出します。理想的なカスタマーとは一般的には上位2割りまでが理想的なカスタマーと言われています。上位2割のカスタマーと同じような属性をもつカスタマーを抽出することが、ペルソナの設定目的となります。

②アンケートを行う
①で抽出したカスタマーに対してアンケートを行います。目安は1つのペルソナを作るにあたって3~5人ほどのカスタマーにアンケートを行うと十分な情報が得られると言われています。アンケートが難しい場合は社内で蓄積しているお客様の声を基にしてカスタマーのニーズを抽出してみましょう。

③お客様に接する機会の多い社内スタッフにヒアリングを行う
カスタマー直接にインタビューを行うだけではなく、お客様と多く接している社内スタッフにヒアリングを行うことも有効的です。お客様自身で表現することができない内容やお客様に接しているスタッフだからこその目線で情報を引き出し、ニーズの特性や傾向を把握することも大切です。

④ペルソナ像を実際に書き出す
①~③の情報を基にしてペルソナ像を書き出していきましょう。
ここで注意して欲しい点が、ペルソナの項目を増やしすぎないことです。ペルソナを増やしすぎてしまうと時間やコストがかかりすぎてしまいます。

⑤設定したペルソナの実在情報を検証する
実際に設定したペルソナがどれくらい存在するのかをアンケートや統計データを基に検証します。

⑥ペルソナの修正
ペルソナは完成して終わりではありません。運用していくことが最も重要です。運用していく中で異なる事実が判明したり、対象のペルソナに配信しているコンテンツの反応が悪い場合なども起こり得ます。定期的にペルソナの中身を確認し、正しく修正していくことで、よりペルソナの精度を高めることができます。

↑目次へ戻る↑

ライティング前の準備が重要!検索意図を踏まえたネタ選定

ライティング前の準備が重要!検索意図を踏まえたネタ選定

オウンドメディアをライティングする前にあらかじめ準備をしておいて欲しいことがあります。

近年Googleは検索に関して「検索意図」を考えるようにと主張しています。それはGoogleがユーザーの「検索意図」を把握できるようになったということです。

そうなると今後はユーザーの「検索意図」を考えたコンテンツ作りが必要となるということです。そこで「検索意図」を考えたコンテンツはどのようにして作っていけばよいのかご紹介します。

ユーザーの検索意図を考えたコンテンツ作りとは

ユーザーの検索意図というのは、「何を目的としているのか」「どのような情報を求めているのか」「どんなことに困っているのか」を明確にするということです。

ユーザーがどのような内容のコンテンツを求めているのかをしっかりと考えた上で、ライティングをしましょう。

その内容がユーザーにとって役に立つ内容であればGoogleはそのコンテンツを上位に表示させるはずです。

少し前までは「キーワード」が重要視されていましたが、現在は「キーワード」よりも「検索意図」の方を重要視してライティングしましょう。

しかし「キーワード」が全く不要になったというわけではなく、「キーワード」は検索するユーザーの「検索意図」を知るための重要な情報となります。

Googleの検索結果から考える

Googleの考えを知るためにはGoogleの検索結果を知ることも大切です。

まずはそのキーワードで検索をしてみましょう。そのキーワードで検索することによって「そのキーワードで検索しているユーザーが求めている情報」が表示されます。

つまりそれはGoogleが判断したユーザーの「検索意図」ということになります。

上位10位程度の中身を調べてみるだけで、ユーザーの「検索意図」を知ることができます。

↑目次へ戻る↑

論理的なライティングに役立つフレームワーク

論理的なライティングに役立つフレームワーク

記事の構成をまとめる方法が分からないという場合は、既にあるフレームワークを使用してみましょう。

オウンドメディアの記事に置いてPREP法」と「SDS法」という2つの方法のフレームワークがあるのでご紹介します。

PREP法(プレップ法)

PREP法(プレップ法)とは、文章の流れをPoint,Reason,Example,Pointの順に構成する方法です。それぞれの頭文字をとってPREP法と呼んでいます。

それぞれの頭文字の意味は以下の通りになります。

・Point:結論、要点(何が言いたいのか、その重点になる事項を述べる)
・Reason:理由(なぜその結論、要点が言えるのか、その理由を説明する)
・Example:具体例(理由で挙げた証拠を提示する)
・Point:結論、要点(最初に述べた結論、要点をもう一度示す。)

PREP法はこの流れで文章を書いていく方法となります。

 

SDS法(エスディーエス法)

SDS法とは、文章の流れをSummary,Details,Summaryの純に構成する方法です。それぞれの頭文字をとってSDS法と呼んでいます。

それぞれの頭文字の意味は以下の通りとなります。

・Summary:要約(PREP法と同じく記事の概要をまとめる)
・Detail:詳細(詳細について説明する。。このDetailをいくつかの段落に分けるパターンもある。)
・Summary:まとめ(最後にもう一度要約として結論をまとめる。)

↑目次へ戻る↑

グラフ画像を活用する方法

グラフ画像を活用する方法

記事が長文になってしまった際は、グラフ画像を挿入することをおすすめします。文章だけの説明文より分かりやすくなるというメリットもあります。

しかし、実際にグラフを作成し、画像に変換するという作業をするのは手間が掛かってしまいます。さらに、オウンドメディアのデザインと統一感のあるグラフ画像を作る必要があり、外注するとコストも発生してしまいます。

そんな時に便利なのが「Google Chart」です。普段ならグラフ作成で使用するExcelも不要で簡単にグラフ画像を作ることができます。WordPressを運用している場合は「Google Chart API」を実装することで簡単に円グラフや棒グラフ、折れ線グラフなどを挿入することができます。

記事が長文になってしまったという際には、是非使ってみてほしいテクニックとなります。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています