オウンドメディア

2019.01.25 (金)

気になるオウンドメディアの外注コストを徹底解説

気になるオウンドメディアの外注コストを徹底解説

近年で最も効果のある広告媒体として注目されているオウンドメディアは、今まで導入していなかった企業も続々と導入しています。

しかし、

アクセス数が伸びない」
効果が表れない」
継続的な運営ができない」

などの悩みを多く耳にします。

オウンドメディアの制作・運営を代行する企業も増えています。
本記事では外注の際に気になるコストや外注するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

オウンドメディアを外注する場合のコスト

オウンドメディアを外注する場合のコスト

効果がなかなか表れずに悩んでいる方は、まず制作や運営を依頼してみる手段があります。
費用がかかってきてしまいますが、オウンドメディアなどの運営に特化した会社は自社では気付けなかったポイントの改変や入力を行ってくれるため、効果に繋がりやすくなる傾向があります。

オウンドメディアは「集客」を目的に運営していきます。
必要なページやコンテンツ内容によって金額は大きく変動してくるため、オウンドメディアの外注に必要なコストを解説していきます。

制作費

  • 低コストで制作したい
  • クオリティの高いオウンドメディアにしたい
  • オリジナルデザインで制作したい

オウンドメディア制作に対して求めているものはそれぞれありますが、CMSの利用の仕方によってコストに変動があります。

既存CMSや無料のCMSを使用する場合なら無料~100万円以上と大きな幅があります。
軽微なカスタマイズなら対応してもらえることが多く、制作コストを抑えるならデザインやコンテンツのオリジナリティは追求できません。

本格的に集客を目的にオウンドメディを制作すると100万円~300万円以上のコストが必要です。事前調査からCMSのカスタマイズまで行ってくれるため、一番利用している方の多い相場です。
SEOに対する知識がない場合は制作会社に任せることが一番効果的です。

300万以上のコストをかける場合は既にオウンドメディアとして稼働しているもののリニューアルを任せる時です。
もしくはコンサルティングや運用をメインにオウンドメディを外注する場合には費用は高くなってきます。
自社専用のCMSを開発する際やフルカスタマイズには費用の相場は多きな変動があるため確認が必要です。

運営費

運営費によって依頼内容が変わってきます。
予算をかけたくない場合は運営を自社で行うことや、
オウンドメディアの保守のみなら1万円以下のコストで済むことも多くなります。

CMSを利用した場合はCMSの利用料や、レポートなどを任せる場合は1万円から20万円ほどのコストが必要です。
経過状況によっては多少のアドバイスのやり取りを交わすこともあります。

本格的に記事制作までを外注する場合は20万円以上のコストがかかり、制作会社によって大きく変わってきます。
自社でオウンドメディアを管理するノウハウがあれば人件費のみで運営が済みますが、記事制作から解析まで行う場合は30万円以上のコストが必要です。

↑目次へ戻る↑

自社で全て行う場合のコスト

自社で全て行う場合のコスト

自社で全ての運営や政策ができる場合は外注費は必要ありませんが、メディアに関わる人件費が発生してきます。

企画立案から制作、運営を行うとなると相応の人数や知識を持った人員を確保しなければいけません。
新たに社員を導入するとなると採用費も発生し、教育することも考えると時間とコストがかさんでしまう可能性があります。

オウンドメディアの制作・運営には経験や知識の観点からもコストからも外注先を利用することが良い場合があります。
制作スピードや効率や構成は専門の委託会社に任せてみてはいかがでしょう。

↑目次へ戻る↑

オウンドメディア構築・運営を外注するメリット

オウンドメディア構築・運営を外注するメリット

外注していく上での大きなメリットは3つあります。

メリットを把握しておくことで、自社のオウンドメディアを外注するべきかどうかの判断しやすくなります。

安定した更新ができる

オウンドメディアの効果的な運営には定期的なコンテンツ更新が重要です。
自社で継続して更新を行うには人員と時間が必要になりますが、運営を外注することで安定したコンテンツ制作に繋がります。

専門性の高いコンテンツ制作ができる

専門性の高い記事、デザインの制作・運営には相応の知識や経験が必要です。
プロに依頼することでクオリティの高いオウンドメディアが確立します。

不足しているノウハウを補える

効果的なオウンドメディアを采井するには適切な施策を立案し、実現していく必要があります。
安定した運用体制を行うには専門性が求められ、継続的な運営ができずに更新が途絶えてしまうオウンドメディアも少なくありません。
ノウハウを補える点は外注の最大のメリットとも言えます。

↑目次へ戻る↑

オウンドメディア構築・運営を外注するデメリット

オウンドメディア構築・運営を外注するデメリット

大きなメリットが3つあるのに対し、デメリットも3つあります。

コストがかかる

前述している通り、外注コストは目的や形態によって大きく変わってきます。
アクセス解析からコンテンツの更新まで本格的な運営を依頼する場合には高いコストが必要となり、テンプレートを使用したデザインやメディアの保守のみなら安価に抑えることもできます。
自社内での制作に比べると、コストが嵩む可能性は高くなります。

ノウハウが蓄積されない

自社でノウハウを管理しているわけではないため、運営を外注しているとノウハウが蓄積していきません。
獲得したノウハウを展開することができないため、新たなメディアの制作に活かすことができない問題があります。

オリジナリティの確保が難しい

外注コストによっては既存テンプレの使用や無料ソフトを利用するため、独自のオリジナリティが確保されない可能性があります。
コストを大幅に抑えてしまうと、自社がオウンドメディアを通して伝えたい内容が上手く伝わらないデザインになってしまうこともあります。

メリット・デメリット共に把握し、効果のあるオウンドメディア作りには外注も検討してみることが大切です。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています