広告

2019.01.21 (月)

インフィード広告のメリットとデメリットを一挙にご紹介

インフィード広告のメリットとデメリットを一挙にご紹介

近年、スマートフォンの普及に伴いインターネットの利用者が急増しています。

そのため製品やサービスの広告媒体もネットに移り、
2015年にYahooが追加したインフィード広告という媒体が広告市場で確立しました。

Webマーケティングを行っていく上で欠かせない戦略の1つでもある
インフィード広告は、コンテンツの間に表示されている広告です。
成長を続けていくモバイル広告という媒体はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

本記事では、より効果的な広告にしていくためにもインフィード広告の特徴をご紹介していきます。

インフィード広告のメリット

インフィード広告のメリット

Facebook、TwitterなどのSNSでタイムライン上に表示される広告がインフィード広告です。

ソーシャルメディア等のfeedにinされて表示されている広告という意味で、ネイティブ広告掲載方式の1つです。

ネット上の広告と言えば何度も表示され、ページをスクロールする毎に動いてくるバナー広告もあります。
ユーザーたちに不快感やストレスを与えてしまえば広告は十分な効果を発揮できません。

企業イメージの低下にも繋がる可能性のある広告への不満は、すぐにでも改善していかなければいけません。
さらに購入や利用に検討する時間のかかる製品、サービスに至っては
バナー広告などのスピード感のある広告媒体よりインフィード広告の方が効果を発揮します。

広告媒体として高い効果を発揮するインフィード広告は大きなメリットが2つあります。

↑目次へ戻る↑

記事と記事の間に挟まれているので見てもらいやすい

記事と記事の間に挟まれているので見てもらいやすい

上記画像からもわかるように、
サイト内のレイアウト流れに沿って表示されるために閲覧しているユーザーのストレスは大幅に低減されます。
モバイル広告に抱かれやすい悪印象はほとんど改善され、
表示内容の邪魔をしない形式にユーザーからの好感も高いところがポイントです。
自然な形で表示されるため、クリック率の向上にも繋がる可能性が高くなります。

↑目次へ戻る↑

従来のバナー広告にくらべ視認、反応されやすい

従来のバナー広告にくらべ視認、反応されやすい

表示内容と流れに合わせて広告が表示されていくため、
フリークエンシー(表示頻度)が高い特徴があります。

従来のバナー広告ではアニメーションやテキストによっていかにも広告らしい表示だったため、
ユーザーの不信感や不快感に繋がりやすいデメリットがありました。

インフィード広告は冒頭から説明している通り、自然に表示されることが一番の特徴です。
今までの広告よりも目にとどまりやすく、そしてクリックに繋がりやすいため主流な広告形式になりました。

数を配信することで認知度を高める広告配信を行ったり、インフィード広告を利用することで得られる効果は大きいです。

↑目次へ戻る↑

インフィード広告のデメリット

インフィード広告のデメリット

すっかり主流となったインフィード広告ですが、注意するポイントが3つあります。
ただ掲載しているだけでは期待する効果は得られず、より成果を出すためにも留意点を確認しておきましょう。

①期待不一致の意識を働かせる可能性がある

いざ、広告をクリックして開いたページに不備があったり、期待と違うものだったりすると最終アクションへと繋がりません。
PV数や認知度の向上が目的なら広告掲載だけで十分ですが、製品の購入やサービス利用が目的ならLPにこそ充実した内容を掲載しておかなければいけません。

ユーザがLPを開くまでには

  • もっと詳しい情報を知りたい
  • この商品が欲しい
  • このサービスを利用してみたい

といった思いを抱いて、クリックをしています。
進んだ先で納得のいかない情報量や差異の激しい情報掲載は消費者心理の1つである「期待不一致モデル」が働いてしまいます。

正確な情報を明確に掲載し、LPと広告の文言に共同性を持たせるようにすることが大切です。

②広告表示ルールを確認する必要がある

Yahoo!Japanのインフィード広告には2種類のサイズがあります。
スマートフォンに適したサイズで掲載してくれるタイプを選択することで広告の見やすさが向上します。

広告画像は自動で縮小・トリミングなどされてしまうため「最適化」を想定した画像を選ばなければいけません。

各サイト毎に広告表示のルールがあるため、入稿の際には必ず確認しておきましょう。
ロゴや説明文、画像やボタンの表示形式によって表示されない場合があるので注意が必要です。

③クリック単価が高くなる傾向がある

クリック回数が増えることがメリットではありますが、同時に平均クリック単価は高くなってしまいます。

クリック単価の上昇によって配信を辞めてしまう方々も多いですが、しばらくは全体の経過を見てみることがお勧めです。
CV率が向上する特徴があるため、時間をかける事で効果を発揮してくれる可能性があります。

 

インフィード広告はメリットによる効果が大きいという特徴があるものの、デメリットも存在します。
デメリットも考慮したうえで、広告文やLPの調整も必要となるためターゲティング戦略も視野に入れていくことが大切です。

当社では膨大なマーケティングデータに基づいて、知名度の拡大やPV数の上昇、商品購入やサービス利用などの目的のサポートを行っております。

予算や目標に合わせたWebマーケティングを行うためにも、記事広告依頼をしてみてはいかがでしょう。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています