リスティング広告

2020.03.19 (木)

Googleキーワードプランナーと一緒に使うべきキーワードツール。それぞれのメリットを解説。

Googleキーワードプランナーと一緒に使うべきキーワードツール。それぞれのメリットを解説。

リスティング広告を作成する際、キーワードプランナーを使用すると効率よく配信することが可能です。

リスティング広告の作成時に活躍するキーワードプランナーについて解説します。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、大手検索エンジンであるGoogleが提供しているツールであり、リスティング広告やブログなどのSEO対策には欠かせないツールです

 

同じく大手検索エンジンであるYahooにもキーワードアドバイスツールというものが提供されていて、プロモーション関連のアカウントを開設していれば利用することが出来ます。

↑目次へ戻る↑

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーの使い方

キーワード選定

キーワードプランナーの使い方は、検索ボックスに選定したいキーワードを入力するだけです

 

例えば「花」というキーワードを入力するだけでも「綺麗」「植え方」「季節」「花言葉」などさまざまな関連キーワードが表示されます。

 

リスティング広告を作成する際は、Googleキーワードプランナーが提案するキーワードの中からより関連性の高いものを抽出するとよいでしょう。

検索ボリュームと検索の予測を取得

リスティング広告の作成においてキーワード選定を行う際に、検索ボリュームと検索の予測を取得をすると、効果的なキーワードを選定することができ、より精度の高いキーワード選定を行えます

 

キーワード選定で表示されたキーワードからより効果の高いキーワードを選ぶためには、画面に表示される「平均検索ボリューム」「競合性」「入札単価」に注目してみましょう

 

「平均検索ボリューム」とは、選定されたキーワードをどれくらいのユーザーが検索したかという平均の数値です

 

「競合性」とは、キーワードに対し他社がどれほど出稿しているかの値です。競合性が高いほどユーザーが自分の作成した広告にたどり着く確率も低くなります。

 

「入札単価」は検査エンジンに広告を出す企業がキーワードに対して出す入札単価です。この単価が高いほど競合性も高い傾向にあります。入札単価が低いテールキーワードやミドルキーワードは狙い目ですので、積極的に登録して露出していくべきです。

 

リスティング広告でキーワードプランナーを使用する際は、このキーワードの選定、検索ボリューム、検索の予測の取得を活用すると、リスティング広告においてより効果的な集客が見込めます。

その他のキーワード選定ツール

キーワードプランナー以外にも効果的なツールを紹介致します。

 

・goodkeyward

goodkeywardはYahoo! JAPANやGoogleなどが提供する、APIを利用し作成された個人制作の選定ツールです。キーワードを入力すると、Yahoo! JAPANやGoogleに対応した関連キーワードが表示されます。

https://goodkeyword.net/

 

・キーワードツール

キーワードツールは、Googleオートコンプリートと呼ばれるGoogleの機能を利用したキーワード選定ツールです。ロングテールキーワードの生成が可能なほか、無料で使用することが可能です。

https://keywordtool.io/jp

 

・SEOキーワード選定ツール

一定期間無料で試すことができるキーワード選定ツールです。ダウンロードが必要ですが、キーワードの自動取得があるなど機能が充実しています。

https://keywordfinder.jp/

 

・https://www.related-keywords.com

このサイトではGoogleサジェストだけでなく、教えて!goo、Yahoo!知恵袋などの質問サイトからキーワードを習得することが可能です。

↑目次へ戻る↑

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています