リスティング広告

2020.06.26 (金)

CV率UPから売上UPへ。RLSAを使いこなすために。

CV率UPから売上UPへ。RLSAを使いこなすために。

RLSAという啓作連動型広告の機能についてご存じでしょうか?

この機能を使うことで、取りこぼしていたユーザーの獲得や運用の際に諦めてしまったキーワードについても再検討できるようになります。

そんなRLSAについてや導入方法、導入時の注意点などを今回はご紹介します。

■RLSAとは

■RLSAとは

RLSA(Remarketing Lists for Search Ads)とは、GoogleAdWordsの検索連動型広告におけるターゲティング機能のひとつ

 

この機能を活用することで、広告主のサイトを訪問したことがあるユーザーに向けて、ユーザーが検索を行っている時にそのユーザーに合うであろう広告を表示したり、入札価格を調整したりすることができます。

↑目次へ戻る↑

■RLSAの使用方法

■RLSAの使用方法

RLSAは、一度サイトを訪問したことがあるユーザーのリマーケティングリストを検索広告のキャンペーン、もしくは広告グループに紐付けることで使用することができる機能です。

一度は訪れたけれど離脱してしまったというユーザーをリマーケティングリストに登録することで、リスティング広告を配信し、自社サイトへの導線をつくって再アプローチすることができます。

 

紐付けはモニタリングとターゲティングのどちらかを選択することができ、モニタリングの場合はリマーケティングリストに含まれていないユーザーにも配信され、ターゲティングではリマーケティングリストに含まれるユーザーにのみ配信されます。

 

モニタリングでは幅広いユーザーへの配信が可能ですが、ユーザーの制御はできません。

 

一方、ターゲティングでは、配信量は減少しますが、より獲得に繋がりやすいユーザーに向けて確実な配信が可能です。

↑目次へ戻る↑

■RLSAの導入方法、設定方法

■RLSAの導入方法、設定方法

過去に費用対効果が悪く、運用を断念したケースがあった場合、RLSAの利用は非常に効果的です。

今まで取りこぼしていたユーザーを取り込むことができ、断念したキーワードを復活させることも可能になります。

 

 

では、次にRLSAの設定方法をご説明します。

 

【設定方法】

1.リマーケティングタグを設置する。
2.サイト訪問歴のあるユーザーのリマーケティングリストを作成する。
3.RLSAを設定したいキャンペーンを作成する。
4.Google AdWordsのユーザーリストタブで「リマーケティングリスト」を選択する。
5.「広告グループのターゲット設定と除外設定」が表示されるので、リマーケティングリストを設定したい広告グループを選択する。
6.「ターゲティング方法」の「ターゲティングを追加」で「インタレストとリマーケティング」を選択する。
7.「入札単価のみ」または「ターゲットと入札単価」のどちらかを選択する。

 

 

↑目次へ戻る↑

■RLSAの導入実績例

■RLSAの導入実績例

以下は、実際にRLSAを使って成果を上げた企業の導入実績です。英語のみの事例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

 

■ヨーロッパでタイヤのオンライン販売を手がける Tirendo では、コンバージョン率が 161% 向上し、結果として総売上が 22% 増加しました。詳細については、事例紹介(英語のみ)をご覧ください。

 

引用元:https://services.google.com/fh/files/misc/casestudy-rlsa-tirendo.pdf

↑目次へ戻る↑

■最後にチェック!これもおさえておきたい、RLSAの注意点。

RLSAを導入するにあたって、5つの注意点があります。

これらを踏まえながら上手に活用してユーザーの取りこぼしを防ぎ、より高い効果をめざしてください。

 

■広告配信をするためのユーザーリストは、最低でも1000件以上必要。

ユーザーリストの保持期間は、180日間

Google Analyticsリマーケティングは、現在未対応

類似ユーザー配信についても、現在未対応

■病気・身体の特徴、資産状況などのセンシティブなカテゴリーへの配信は不可

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています