広告

2019.01.22 (火)

このまま記事広告を出稿しても大丈夫?記事広告を出稿する前に知っておくべきこと

このまま記事広告を出稿しても大丈夫?記事広告を出稿する前に知っておくべきこと

「広告」と一口に言ってもたくさんの種類の広告が存在します。そんな数ある広告の中に「記事広告」をいうものが存在します。

記事広告とは、商品やサービスの認知獲得やPRを行うことを目的に企業がメディア媒体に出向する広告宣伝の手法です。また、「タイアップ広告」と呼ばれることもあります。

一般的に記事広告の目的や宣伝はブランディングにありますが、媒体や種類によって記事を直接的にコンバージョンするものもあります。

記事広告を出稿しようと考えている企業や会社に、記事広告を出稿する前に知っておくベきことをご紹介いたします。

記事広告を出稿するメリットとは?

記事広告を出稿するメリットとは?

記事広告を出稿する前に、まずは記事広告を出稿するメリットをあらかじめ知っておきましょう。

メリットを知って、本当に自社の商品やサービスにあった広告の手法なのか判断することが大事です。

信頼性を得やすい

掲載する媒体を選ぶことができるので、あらかじめ信頼性が構築されている媒体であれば記事内容を読んでもらえやすいです。

これは長い間、媒体と読者の間が築いてきた信頼性によるもので、一からメディアを立ち上げて読者との間に信頼性を築くには長い時間がかかってしまいます。

一方、記事広告はいきなりこの信頼を借りることができるという点は非常に大きいです。

ブランド作りに優れている

すでに築かれている媒体のブランドのイメージを、自社のブランドイメージにつけることが可能です。

例えば、若い女性向けの商品を広告しようと思った時は20代の女性に人気のある媒体に広告記事を出すことで、ターゲット層に記事を閲覧してもらいやすく、自社のブランドイメージに載せることができます。

より深く理解してもらえる

多くの読者は商品を購入するとき、主観的な自社の宣伝よりも、第三者からの客観的な評価を好みます。記事広告は客観的な評価で書かれているため、信頼性に優れている上、商品やサービスの良さについて信頼度を増します。

さらに純広告と比べると、掲載できる量が圧倒的に多いです。そのため、商品やサービスの良さなどといった様々な魅力を読ませる文章と写真によって豊富に伝えることができます。

↑目次へ戻る↑

CPAだけで見てはだめ!正しい広告価値を計るために、 ビュースルーコンバージョン を見る

CPAだけで見てはだめ!正しい広告価値を計るために、 ビュースルーコンバージョン を見る

CPA(Cost Per Action/Cost Per Acquisition)とは、コンバージョン1件あたりに掛かった広告費用を示す値です。

計算方法は「CPA=広告費用÷コンバージョン数」で求めることができます。CPAが高いほど1コンバージョンの獲得に費用が掛かりすぎているということになります。

CPAが上がると利益が圧迫され、CPAが下がると利益が増加します。つまり広告運用を通じて利益につなげようとする場合、CPAは非常に重要な指標となります。

CPAが広告価値を測るために重要となりますが、CPAだけ見ているのは間違いです。正しい広告価値を測るためには、ビュースルーコンバージョンもしっかりと見ましょう。

ビュースルーコンバージョンとは

ビュースルーコンバージョンとは、コンバージョンページへ繋がる広告を直接クリックしなかったユーザーが別のルートからコンバージョンページにたどり着いた数のことを指します。

例を挙げるとすると、あるユーザーがインターネットを見ている時に、ある商品の広告が表示されます。そのユーザーは広告の内容に興味がなかったため、クリックをしませんでした。しかし、後日その商品の評判を聞いたため興味を持ち、検索してその商品を購入しました。

こういったように最初に表示された広告がコンバージョンに影響を与えているとして、その指標となっているのがビュースルーコンバージョンです。

ビュースルーコンバージョンは広告の間接的な効果を計測するという大きな効果があります。

↑目次へ戻る↑

記事広告出稿時の留意点

記事広告出稿時の留意点

記事広告についていくつかの留意点があります。

記事広告を制作する前に、あらかじめ知っておいて欲しいことをご紹介いたします。

ターゲットにあった媒体を選ぼう

先ほどもご紹介した通り、記事広告のメリットはターゲットに合った広告媒体を自分で選ぶことができることです。

PVだけが多いという理由で媒体を選んでしまうと、読者と商材がかけ離れている場合があります。商品やサービスの特徴とメディアの特徴とメディアの特徴がマッチした広告枠を第一に検討しましょう。

読者の視線で考えよう

こちらも先ほどご紹介しましたが、多くの読者は第三者からの客観的な評価を好みます。

そのため、コンテンツの作成は、自社で作成するのではなく、ブランドコンテンツに長けたチームに任せることも大切です。自社でコンテンツを制作してしまうと、どうしてもユーザ視点に立ってコンテンツを造るのが難しいということがあります。

社内で作る場合は、メディア側の人など、第三者の声も取り入れて、記事が読者目線を失っていないかを最終的にチャックしてもらうことがオススメです。

ステマと誤解されない記事にする

記事広告は通常の記事と同様な形式で配信されます。そのため、メディアに溶け込み、一体感が出るという特徴があります。ユーザーにとって受け入れやすい記事となりますが、逆に一体感が出る分、騙されたと感じてしまうユーザーも少なくはありません。

このようなことをできるだけ防ぐために、記事広告に必ず「PR」や「広告」というワードを明記することを義務付けられています。

↑目次へ戻る↑

記事広告で成果をあげるには

記事広告で成果をあげるには

記事広告は他の広告に比べて、費用が高いです。小さい媒体で50万前後、一般的な相場は100万~200万円ほどと言われています。

決して安いとは言えない記事広告で失敗しないためには、本当に自社の商品やサービスをアピールするためには記事広告と相性がいいのか判断することが大事です。また、記事広告はあくまで「商品サイトへの送客」しかできないということもあらかじめ頭に入れておきましょう。商品サイトが充実していないと効果が出ない場合があります。

「自社が記事広告と相性が良いのか分からない・・・」「自社に合うメディア媒体が分からない・・・」といったお悩みをお持ちの場合は、お気軽に当社までお問い合わせください。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています