コンテンツマーケティング

2021.05.28 (金)

医師監修記事を作成する際の注意点

医師監修記事を作成する際の注意点

インターネット上にはあらゆる種類の情報が存在します。
その中でも病気や健康など医療に関する情報は、ユーザーが強く求めている情報のひとつです。
誰でも簡単に記事やブログをインターネット上にアップできることから、情報の信憑性が問題視されています。
そこで医師の資格を持ち、医療分野に長けている専門家が監修する記事の需要が高まってるのです。
この記事では、「医師監修記事」とは何かといったことからメリット、記事を作成する際の注意点まで解説します。

医師監修記事とは

医師監修記事とは

まずはじめに、医師監修記事とはどのようなものかを説明します。

医師監修記事とは

「監修」とは、医師ではないライターが執筆した記事の内容を医師がチェックし、正しい内容となるよう編集することを言います。
医師が記事を監修することで、正しい知識を伝えることができるだけでなく信憑性の高い記事の作成が可能です。
医療に関する情報が知りたいユーザーは、医師が持つような正しい情報を求めています。
医療に関する情報は自分の身体に関わるため、「どのような医療情報を信じたらいいのか」「実際に行ってもいい改善法・対処法なのか」と不安を抱えるユーザーが多いのです。
医師監修記事では、監修した医師の名前や所属病院などの監修者の情報を記事内に記載し、記事の正確性や信憑性を証明します。
誰が監修したか明記されているため、記事に記載されている情報を信頼でき、安心して読むことができるでしょう。
記事に記載されている改善法や対処法などをユーザーが実際に行い、効果が実感できれば、信頼度の向上につながり、SNSのシェアやユーザーのブログでの紹介などで多くのユーザーに知ってもらう機会が増える可能性もあります。

↑目次へ戻る↑

医師監修が求められるようになった背景

医師監修記事のニーズが高まった背景には、以下の4つがあります。
・WELQ問題
・医療健康アップデート
・YMYL
・EAT
大きな影響を与えた4つの事柄をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

WELQ問題

「WELQ」はDeNA傘下の医療・健康に関するまとめサイトです。
医療に関する資格を持たない不特定多数のライターが、他サイトのコピーや根拠のない情報を使って記事を執筆していたことから、著作権の侵害や信憑性に欠けるなど大きな問題となりました。
医師の監修がない、正確性にかける記事を掲載していた「WELQ」は無期限休止となりました。
WELQ問題をきっかけに、医師など専門家による監修の必要性が高まったのです。
キュレーションメディアの著作権問題について詳しくはこちら
【キュレーションメディアの著作権問題について。侵害された時はどう対処する?】

医療健康アップデート

2017年12月6日に、日本独自でGoogleが医療や健康に関連する検索におけるページの評価方法(アルゴリズム)をアップデートしました。
「WELQ問題」と呼ばれる医療系まとめサイトの信頼性に関わる問題が起きたことで、正確性にかける医療や健康に関する情報が検索結果に表示されていることが社会的な問題となったのです。
そこで、Googleは医療や健康に関する検索結果の改善を目的として「医療健康アップデート」を行いました。
このアップデートしたことにより、医師や専門家が提供している情報など信頼性が高くユーザーによって有益な情報が上位に表示されやすくなり、具体的な影響は医療・健康に関連する検索の約 60% におよぶとされています。
このアップデートについてGoogleでは以下のように説明しています。

この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。
引用:【Googleウェブマスター向け公式ブログ_医療や健康に関連する検索結果の改善について】

アルゴリズム更新によって、医療や健康に関する検索品質は格段に向上したと言えるでしょう。

YMYL

「YMYL」とはYour Money or Your Lifeの略語で、Googleにおける検索の評価基準である「検索品質評価ガイドライン」の項目のひとつです。
検索品質評価ガイドラインでは「YMYL」に該当するテーマの例を以下としています。

・金融情報 税金、年金、保険、投資、クレジットカードなど
・医療情報 健康、病気、薬、メンタルヘルスなど
・法律情報 離婚、裁判、遺言書の作成など
・ニュース記事などの公式情報 災害時の対応や政策など
参考:「General Guidelines(検索品質評価ガイドライン)」(英文)

YMYLに該当するテーマで記事を執筆する場合、他のテーマで記事を作成するよりも「正確性」と「信頼性」がより求められるのです。
Googleの検索品質評価ガイドラインでは、YMYLについて以下のように記載しています。

We have very high Page Quality rating standards for YMYL pages because low quality YMYL pages could potentially negatively impact a person’s happiness, health, financial stability, or safety
日本語訳:低品質のYMYLページは、人の幸福、健康、経済的安定性、または安全性に悪影響を与える可能性があるため、YMYLページのページ品質評価基準は非常に高くなっています。
引用:「General Guidelines(検索品質評価ガイドライン)」(英文)

YMYLに関する情報はユーザーの命や健康、日々の生活に影響を与えるものであるため、ユーザーが信頼できる情報かどうかがGoogleの評価に大きな影響を与えるのです。
知識不足により適切な対応がなされないと、Googleの評価を下げてしまい、自社サイトの表示順位が下がってしまうこともあります。
YMYLに関するテーマで記事を作成する時は、正確性と信憑性を伴った記事を作成するよう心がけましょう。
YMYLについては以下で詳しく解説していますのでそちらもご覧になって頂ければと思います。
「YMYLって何?という疑問にお答えします!」

EAT

「E-A-T」とは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとったGoogleの造語で、Googleにおける検索の評価基準である「検索品質評価ガイドライン」の項目のひとつです。
「検索品質評価ガイドライン」では「E-A-T」について以下のように記載しています。

Medical search results should be high quality,authoritative, and trustworthy.
日本語訳:医療検索結果は、高品質で信頼性が高く、信頼できるものでなければなりません
引用:「General Guidelines(検索品質評価ガイドライン)」(英文)

「E-A-T」とは何を指しているのか、それぞれ見ていきましょう。

Expertise(専門性)

「専門性」はE-A-Tの中でも特に重要とされており、専門性がある人が執筆した記事やある分野に特化した情報が該当します。
専門性が高ければ記事の質も高く、ユーザーからの信頼が得られやすいとGoogleが判断するため、評価されやすいのです。

Authoritativeness(権威性)

医師や専門家、知名度のある人物など一定の地位を持った人物が提供する、誰が見ても正しく信頼に値すると判断できる情報が該当します。
権威性はWebサイトを長期間運営した結果獲得できるものであるため、権威性を獲得できるよう継続してコンテンツを作成する必要があるでしょう。

Trustworthiness(信頼性)

官公庁や公的機関のような、多くの人が正しいと感じ信頼に値する情報が該当します。
「誰が書いたものか」「その人物はどのような人物か」を明らかにするために、執筆者欄や運営情報欄を充実させましょう。
そうすれば、ユーザーの不安を軽減し信頼を得ることにつながります。
検索アルゴリズムの精度が低かった頃は、検索キーワードリンクを大量に盛り込むようなSEO対策をしていれば、検索結果の上位に表示されていました。
しかし、ユーザーに悪影響となるような質の低いコンテンツがインターネット上に増えたことで、それらのコンテンツが検索結果の上位に表示されてしまうようになったのです。
このような状況を改善するため、検索アルゴリズムのアップデートが行われたり、Googleの検索アルゴリズムの精度を向上させ、検索順位にはコンテンツの品質が大きく影響するようになりました。
このような背景から、ユーザーに有益で価値のあるコンテンツと評価されるために「E-A-T」が重要な指標となったのです。
検索品質評価ガイドラインに沿った記事を作成すれば、Googleからの評価につなげることができます。
医療に関する記事はE-A-Tの中でも特に「信頼性」が重視されており、「記事の内容は正しいか」「誰が執筆しチェックしたのかが明確か」など信頼を得られるポイント押さえた記事を作成するよう心がけましょう。
E-A-Tについては以下で詳しく解説していますので、併せてご確認ください。
「SEOの要「E-A-T」について解説します」

↑目次へ戻る↑

医師監修を依頼するメリット

医師監修を依頼するメリット

医師に記事の監修を依頼するメリットは以下の2つです。
・記事の信頼性を向上させることができる
・SEO対策に効果がある
どのようなことなのか、詳しく説明します。

記事の信頼性を向上させることができる

医師が持つ情報は、記事の品質を担保しWebサイト自体の信頼性を高めることができます。
常に医療の専門分野に関わっているため、ユーザーにとって役に立つかどうかといったユーザー目線の情報や、新たな情報、今後の見通しなどをいち早く知ることができ、ユーザーにとって価値のある記事の作成が可能です。
医師が提供する情報であれば、正しく信頼に値すると誰が見ても感じるでしょう。
記事を監修した医師の名前や所属病院や専門分野を記載すれば、安心感を与えることができ、より記事を読んでもらいやすくなります。
記事の信頼性を向上させユーザーにとって有益な情報を発信できれば、Googleからの評価が高くなり、検索結果の上位に表示されやすくなるでしょう。

SEO対策に効果がある

Googleの検索結果で自社の記事が上位表示されるためには、SEO対策は必須です。
Googleの評価指標である「E-A-T:Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)」を記事に盛り込むことができればGoogleからの評価が高められ、検索結果の上位に表示されやすくなります。
専門家が記事に携わることでExpertise(専門性)やTrustworthiness(信頼性)を高め、記事を執筆・監修した専門家名を記載することでAuthoritativeness(権威性)を担保できるのです。
特にYMYL(Your Money or Your Life)にあたるお金や命に関する記事は、正確性や信憑性が高く求められるため、Googleの評価が受けにくいと言われています。
医師が関わることでGoogleからの評価が高められるだけでなく、ユーザーからの信頼を得ることができるでしょう。

↑目次へ戻る↑

医師監修による記事作成を行う際の注意点

医師監修による記事作成を行う際の注意点

医師監修記事を作成する前に、どのような医師に依頼したらいいか、またどのような部分をチェックしたらいいかを知っておきましょう。
医師監修記事を作成するときに注意すべき点は以下の5点です。
・専門分野がわかれるので正しい分野のスペシャリストに依頼をする
・情報の正確性を確かめる
・ソース(参考文献、参照元)が何か
・何の目的で書いた文章なのか
・わかりやすい表現をする
それぞれ詳しく説明していきます。

専門分野がわかれるので正しい分野のスペシャリストに依頼をする

依頼する医師によって、専門分野はさまざまです。
特に医療分野は進化しているため日々新しい情報が更新されており、複雑化しています。
「内科」といった分野の中でも専門分野が細分化していることが多く、臓器なのか消化器なのか、どの部位にできた疾患なのかによっても専門が分かれるのです。
同じ分野だとしても専門分野以外の最新情報に詳しくないことも多く、記事の信憑性や正確性の保証ができない可能性があります。
よく聞く「医学博士」という称号も、医学全般に詳しいことを意味するのではなく、専門的な研究に対して与えられるもののため、注意が必要です。
自社の作成するテーマと依頼する医師の専門分野がマッチするかを確認し、正しい分野の医師に依頼しましょう。

情報の正確性を確かめる

専門分野に精通した医師の発言や情報でも、正確とは言い切れないことがあります。
記事の内容が不確かだったり、事実と違うことを書いてしまったりすると、ユーザーが間違った改善法や対処法を行なう危険があります。
特に医療に関する情報は健康状態や病気に関わるもののため、慎重に扱わなければ症状の悪化や健康被害に発展する可能性もあるでしょう。
そのため、医師監修の情報を100%信頼するのではなく、研究や論文などの裏付けがあるかどうか確認するなど、医師サイドに正確性を改めて確認することが重要です。

ソース(参考文献、参照元)が何か

正しい情報であるかどうかは、「記事に記載された情報の出処がどこなのか」「情報の内容は確かなのか」で確認できます。
インターネットで検索すればあらゆる情報を手に入れることができる反面、その情報は正しいのか、情報のソース(参考文献、参照元)は確かなものかを確認しなければ、記事の信憑性が証明できません。
特に医療に関する記事では、不確かな情報を掲載してしまうとユーザーの生命や体に影響を及ぼしてしまう危険があります。
ユーザーに正しい情報を届け、信頼してもらうために、記事に記載されている情報のソース(参考文献、参照元)は何かを明らかにしているか、記載している情報は正しいかの確認は必須です。

何の目的で書いた文章なのか

記事を作成する目的が明確でなければ、本当に記事を読んで欲しいユーザーに届かないでしょう。
目的がなければ、「どのような順番で文章を作成していくのか」「どのような内容を記載するのか」「どのような内容があればユーザーに役立つと感じてもらえるのか」といった観点が抜けてしまい、結局何が言いたいのかわからない記事となってしまうのです。
何が言いたいかわからないと、ユーザーは読むのを途中でやめてしまったり、「役に立たない」「よくわからない」と感じWebサイトに2度と訪れない可能性が高くなります。
その結果、Googleからの評価も下がってしまい、検索結果の上位に表示されなくなるでしょう。
記事を作成する目的を明確にし、記事全体を通してブレないように注意することが大切です。

わかりやすい表現をする

医師など専門家が使用する言葉は一般のユーザーに馴染みのないものや、意味が広く知られていないものも多くあります。
一般ユーザーが使用しない言葉を使って記事を作成しても、ユーザーが検索エンジンに入力するキーワードにヒットしないばかりか、記事を読んでもらったとしても理解できない可能性が高いでしょう。

現在、毎日数百万件以上の医療や健康に関する日本語のクエリが Google で検索されています。これを分析してみると、医療の専門用語よりも、一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。
ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。
もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。
引用:【Googleウェブマスター向け公式ブログ_医療や健康に関連する検索結果の改善について】

そのため、専門用語を使用せず、誰が読んでも理解できるわかりやすい言葉を使用することが大切です。

医師監修を依頼するならDreamLab

インターネット上には日々多くの情報が飛び交っています。
いつでもどこにいても簡単に情報が手に入れることができる一方、過去に起きた問題や偽の情報による被害を受けないために、情報の信憑性や正確性が重要視されているのです。
医療に関する記事を作成する時は「本当にユーザーが求めている情報なのか」「正しい情報か」の観点を押さえ、医師の監修を必ず行いましょう。
「医師監修記事」を作成するためには、記事の執筆や編集ができる医師を探す必要があります。
・ユーザーに信頼される記事を作成したいけど、どのように作成したらいいかわからない
・医師による執筆、医師による監修を行うにも、依頼方法がわからない
といった悩みを抱えているかたは、医師・看護師・介護士など医療に携わる専門家の監修が依頼できるDreamLabを利用下さい。
DreamLabに依頼すれば、医師免許を持つ専門家による執筆や監修、ファクトチェック、プロフィール掲載が行え、リスク回避だけでなく権威付けができます。

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています