リスティング広告

2020.04.27 (月)

リスティング広告の月額予算(月額平均費用)の相場は?

リスティング広告の月額予算(月額平均費用)の相場は?

リスティング広告は業種や個々の予算により、費用が異なります。

そのため明確な相場はありませんが、中小企業の場合は平均30万円~で始めるクライアントが多いです。

 

費用の内訳は、広告運用費用・代行費用と大きく分けて2つあります。

広告運用費用は、Yahoo!やGoogleのような広告媒体に支払う費用。

運用Feeは、広告代理店に支払う手数料です。

各代理店によって代行費用は異なりますが、相場は広告費用の約20%とされています。

 

その他、アカウントの作成やキーワード選定などの作業分を初期費用として別途必要なケースもあります。ただし、代行費用に含まれている代理店も数多く存在するため、契約の時に聞いておくと安心です。

リスティング広告の費用・月額予算の決め方

リスティング広告の費用・月額予算の決め方

リスティング広告の費用を決める際、運用目的に合わせて設定することをおすすめします。

運用するにあたり、お問い合わせの件数、売上額、予算優先の主に3つの目的が考えられます。

 

では、各目的に合わせた月額予算の決め方を、仮のクリック単価とCVRでご紹介します。

 

 

お問い合わせの件数を目標にする場合

一般的な予算の決め方になります。

月にどのくらいのお問い合わせ件数を目標にするのか、また獲得した時の1件に対する利益をもとに予算を算出します。

 

お問い合わせの目標件数を50件、クリック単価を250円。

そして、リスティング広告におけるCVRの相場は平均1%とされているため、今回はCVR1%と仮定します。

 

その場合、クリック単価250円÷CVR1%×お問い合わせ数10件=予算250,000円と算出されます。

 

 

売上を目標とする場合

月間の売上目標を決めて予算を算出。

月100万円の売上を目標として、クリック単価300円、CVR1%、客単価を10,000円とします。

 

その場合、クリック単価300円÷CVR1%×(目標売上1,000,000円÷客単価100,000円)=

予算300,000円と算出されます。

 

 

予算を抑えたい場合 

初めてリスティング広告を運用する場合、予算の設定が難しいと思います。

そんな時はテストとして、できるだけ予算を抑えるために最低お問い合わせ数を設定して予算を出します

 

1~2件では獲得にズレがあることや目標を立てにくいため、月に最低5件の獲得を考え、クリック単価100円、CVR1%とします。

 

その場合、クリック単価100円÷CVR1%×お問い合わせ数5件=予算50,000円

 

 

総利益から広告費用を考える方法もある

総利益から広告費に充てる金額を決めるシンプルな方法もあります。

 

月間の売上総利益が300万円とします。

一般的に売上の10~20%が広告費に充てられることが多いため、300万円の場合は30~60万円が予算となります。

 

大体の目安なため、投資収益率(ROI)を計算して、細かく広告予算を設定していきます。

 

 

↑目次へ戻る↑

リスティング広告の平均クリック単価(1クリックにかかる平均費用)の相場は?

リスティング広告の平均クリック単価(1クリックにかかる平均費用)の相場は?

広告予算が決定した次は、クリック単価を仮定します。

そのために、キーワードをいくつか決め、月にどのくらい予算が必要か算出します。

 

業界によってクリック単価は異なり、競合が多いキーワードほど単価が高くなります

そこで、キーワード・業界ごとの平均費用を下記に記載します。

 

旅行 50~300円

高速バス 60~100円

印刷  200~400円

金 買取  400~700円

プラセンタ 150~300円

コラーゲン 200~300円

結婚式場  300~400円

ガラス 工場 150~250円

ホームページ制作 400~600円

弁護士 300~500円

賃貸 150~250円

不動産 売却 300~500円

分譲マンション 300~500円

↑目次へ戻る↑

リスティング広告の平均クリック単価(1クリックにかかる平均費用)の相場を調べる方法

リスティング広告の平均クリック単価(1クリックにかかる平均費用)の相場を調べる方法

キーワードごとにクリック単価の相場を調べる方法をご紹介します。

 

配信するキーワードを決めた後に、GoogleキーワードプランナーやYahoo!プロモーション広告のキーワードアドバイスツールを使って相場を調べます。

 

キーワードを検索すると月額費用の結果が出てくるため、その情報をもとに予算を決めることができます。 

 

入札金額が高いほど検索上位に表示されやすく、金額が低すぎると配信が行われない可能性もあるため設定は慎重に行ってください。

またキーワードプランナーと併用すべきツールについては、下記の記事で詳しく説明しています。

Googleキーワードプランナーと一緒に使うべきキーワードツール。それぞれのメリットを解説。

↑目次へ戻る↑

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています