リスティング広告

2020.03.19 (木)

リスティング広告の掛け合わせキーワードの効果的な選定方法を解説!

リスティング広告の掛け合わせキーワードの効果的な選定方法を解説!

リスティング広告を作成する際、掛け合わせキーワードというのはとても重要となります。
掛け合わせキーワードを工夫することで、リスティング広告はより的確なユーザーに表示されるようになります。

リスティング広告の掛け合わせキーワードとは

リスティング広告の掛け合わせキーワードとは

リスティング広告の掛け合わせキーワードとは、軸となるキーワードにプラスしてさらにユーザーの目的を明確にした複合キーワードのことです

 

例えば検索エンジンで「勉強 効率」とユーザーが検索した場合、軸となるキーワードは「勉強」であり掛け合わせキーワードは「効率」となります。

 

この掛け合わせキーワードを効果的に使用すれば安価で広告を掲載することが可能になり、結果CPAを下げることに繋がります

 

ただ、ユーザーの意図に沿っていないキーワードをむやみやたらに追加しても無駄な広告費が増えるだけです。ですので、いかにコンバージョンに繋がるキーワードを選定できるかが重要です。

↑目次へ戻る↑

リスティング広告の掛け合わせキーワードはどう絞ればよいか

リスティング広告の掛け合わせキーワードはどう絞ればよいか

リスティング広告の掛け合わせキーワードを的確なものに設定すれば、より集客率は上がります。リスティング広告の掛け合わせキーワードは、以下のような方法で考えると効果的です。

1ペルソナの設定

ペルソナというのは、記事を読む明確なターゲットのことです

 

「この記事はどのような人物が読むのだろう?」ということを想定し、年齢層・性別・社会的な属性などを仮定したペルソナを設定します。

 

「10代 女子高生 明るい性格 お洒落が趣味」など、詳細な人物像を設定しその人物がどのような行動から広告にたどり着くかを、ユーザー目線から推察します

また同じ化粧品の記事だけでも、年齢設定を10歳上げるだけで扱うキーワードも大きく変わり、人物を取り巻く環境も変化することを想定しましょう。

 

地域を設定したとすれば、その地域に関連したリスティング広告の掛け合わせキーワードなど、さまざまな掛け合わせキーワードを設定しましょう。

2抽出ツールの使用して掛け合わせキーワードを作る

リスティング広告の掛け合わせキーワードを設定する場合、便利なのが抽出ツールの使用です

 

YahooやGoogleなどの検索エンジンには、キーワードを抽出できるツールが備わっています。

 

Yahooでは「キーワードアドバイスツール」、Googleでは「キーワードプランナー」というもので、これを使用することにより、リスティング広告の掛け合わせキーワードをより効率的に抽出することが可能です。

 

YahooとGoogleでは抽出されるキーワードも異なるので、それぞれのツールを使用することでキーワードを網羅することが出来ます。

 

検索エンジンのそれぞれのアカウントにログインし、選定したいワードを入力するとそのワードに対応した掛け合わせキーワードが表示されます。

 

なので「学生」の軸キーワードから検索したURLを入力すれば、「学生」に続くリスティング広告の掛け合わせキーワードが多数表示されます。

 

この抽出ツールの使用は大変便利ですが、それのみに頼っていると明確なターゲットに対応したリスティング広告の文章が作成できないためペルソナの設定と合わせて使用しましょう

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています