リスティング広告

2020.08.05 (水)

【徹底解説】LPOのやり方や注意点、オススメのツールをご紹介します!

【徹底解説】LPOのやり方や注意点、オススメのツールをご紹介します!

自社でLP(ランディングページ)を作成したものの、「どういうページが最適化するべきなのか」「LPOがそもそもどういうことをすべきか分からない」という方はいらっしゃいますよね。

 

今回の記事では、LPOの意味からLPOをおすすめするページ、オススメのツールなどをご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね。

LPOとは

LPOとは

LPOは「Landing Page Optimization」の略で、日本語で「ランディングページ最適化」を意味します。

 

簡単に言えば、リスティング広告のリンク先であるランディングページで、より多くのコンバージョンを獲得するための施策のことです

 

↑目次へ戻る↑

LPOをすることによるメリット

LPOをすることによるメリット

LPO施策の主なメリットはCPAの低下です

 

メインビジュアルや、コンテンツ追加、デザインテンションの変更、ボタンの変更など様々な施策を行うことでCPAの低下を目指していきます。

 

またリスティング広告の品質スコアを決定する指標にはランディングページの関連性も含まれていますので、リスティング広告の効果向上という点もメリットに含まれています

↑目次へ戻る↑

こういうページはLPOを行うべき

こういうページはLPOを行うべき

LPOについては常に実施していくことが正解なのですが、実施するか否かの判断の軸をいくつか挙げます。

 

例えば、目標CPAに到達していない場合、LPの改善を一案として見直しを行いましょう

足りてないコンテンツがないか、違う訴求点がないかなど洗い出しを行うべきです。

 

他にも、ページ直帰率も指標として挙げられます

実施している広告媒体にもよりますが、直帰率が50%を上回る場合はLPが不適切である可能性があります。

↑目次へ戻る↑

LPO改善を行う具体的な個所

LPO改善を行う具体的な個所

①ファーストビュー

心理学の検証によると、基本的にユーザーは3秒で印象を決定するという結果が出ています。

つまりLPOにおいて、ファーストビューとなるページ上部は最重要箇所と言えます

 

②CTA、ジャンプ率

さらに行動を促すCTAを充実させたり、本文の文字サイズに対する見出しの文字サイズの比率を意味するジャンプ率を最適化するといった施策も有効です

 

③デザインテンション

デザイン的な面では、サイトカラーの統一やデザインテンションの統一にも注意を払いましょう

 

④コンテンツ

加えて信頼性を訴求するために導入事例インフルエンサーの口コミといった、ユーザーの声を訴求することも必要です

ファーストビューに関しては、専門的な知識やセンスを求められる領域であるため、デザイン面に関しては外注するのが一般的です。

↑目次へ戻る↑

LPOを行うのにオススメのツール

LPOを行うのにオススメのツール

ツールを使うとLPOの高速化が可能です。

 

また工数の削減に加えて、ランディングページの制作費用のカットも期待できます。

 

実績の高さで選ぶなら「Kaizen Platform」地域性の高い広告を予定している場合は「どこどこJP」がオススメです。

 

その他にもコスパに優れた「Gyro-n LPO」や、リアルタイムでの効果測定に特化した「LPOエビス」といったツールもオススメです。

 

 

LPOツールはグループウェアと比べた場合、ツール毎の特色が大きく異なるので、自社の特性を理解し、最適なツールを選択しましょう。

 

 

【オススメツールのURL一覧】

Kaizen Platform

https://kaizenplatform.com/

 

どこどこJP

https://www.docodoco.jp/

 

Gyro-n LPO

https://www.gyro-n.com/lpo/

 

LPOエビス

https://support.ebis.ne.jp/s/

↑目次へ戻る↑

LPOを行う際の注意点

LPOを行う際の注意点

①検証期間

ウェブ広告は長期的な運用を前提としています。

 

もちろんLPOも同様です。

LPOを行う場合、有効な母数のコンバージョンが揃うまでに時間がかかったりするものです

判断が出来るまでの母数が集まるまで、焦らずにじっくりと検証していきましょう。

 

②検証軸

検証軸をはっきりさせてからテストを行うようにしましょう。

 

ファーストビューならファーストビュー、デザインテンションならデザインテンションと、明確にどこをテストするかを決めてからテストを行うべきです

 

色々な個所を複合的に変更してしまえば、結果的にCVRが上がったとしてもどの変更が良い方向に作用したのかがわからなくなります。

↑目次へ戻る↑

LPOの料金

LPOの料金

・デザインの料金相場
一般的なLP制作の相場は長さや素材の有無によっても変わってきますが、1本30万~40万円ほどでしょう

LPOは変更を加える箇所にもよりますが、1点あたり5万円~10万円ほど

ファーストビューだけで1枚あたり5万円前後といった相場感です。

・分析費用
あとはその検証軸を考案したり分析を行う費用については各社様々です。

外注する場合は、繋がりのある会社などに問い合わせを行ってみましょう

無料お問い合わせ

お電話(06-6556-7223)でも承っております。


お名前:
メールアドレス:
電話番号(ハイフン付):
お問い合わせ内容:

AIがあなたにオススメの記事を表示しています